Hunting

追い込みの初日

※この記事には凄惨な写真がアップされています

リハビリ1日目。

まるで生まれたての小鹿のように弱々しい動きから少々回復。

一般的に郡上市の冬の猟期のメイン収入はニホンジカの個体数調整事業になるかと。

増えすぎたニホンジカの管理をするという名目なんだけど、市全体の報奨金の上限は1100頭。

雪が降れば捕獲は容易となるため、市全体の捕獲頭数は勢いよく増える。

先日に900頭に達したと通達があったためそろそろ終了の予感。

獲りやすくて終了間近のこんな時にいつまでも寝ていられないとリハビリがてら山へ。

雪があることで痕跡が丸分かり。

丸い雪解け跡は鹿の寝屋。

座って反芻したり寝ていたところ。

通り道は足跡でいっぱい。

雪のおかげで新しいか古いかさえも容易に判断可能。

更にこの雪がサラサラならこちらの足音さえしない。

とは言え逆にバリバリに固まっていれば音が出るので近づくのは難しくもなるけど。

数日ぶりの山歩き。

静かな中で色々な情報が溢れている。

山を歩くって楽しい。

この日は午後から先輩猟師と2人でトライ。

逃げ道となる大事な要所を先輩に押さえてもらってから自分がのんびり捜索。

腰かばっての相当のんびりした怪しい動き。

範囲も広かったし、逃げていけば先輩の待ち場にヒットするだろうから大声出しながら追い出しつつ歩く。

しばらく進めばある地点でなんかもぞもぞしてる。

70mくらい先の斜面でニホンジカの群れ。

気持ちは焦れどのんびり銃の委託先を探して据え銃。

1発目。

ニホンジカ動きもせず。

間の小枝が落ちる。

2発目。

1頭が崩れ落ちる。

その後から10頭ほど飛び出していく。

この時期は雪の影響もあり、そして季節的な餌不足もあり、良い餌場には大挙して群れる事が多い。

個人的には20頭以上の群れも見たことあるけど圧巻の一言。

血抜きを済ませて逃げた方向を確認してみれば何故か血筋が続いている。

1発目当たった?

いや、2発目だ。

狙ったニホンジカは3頭ほどで固まって立っていたから貫通してもう一頭に当たったみたい…

滅多にないけどそんなこともある。

結果2頭を仕留め先輩にヘルプコールをして下山。

リハビリ初日。

上出来。

個体数調整事業の終了間近。

最後の一踏ん張りしていきます。

waiting…前のページ

猪鹿累々次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里暮体験
  2. 10th ANNIVERSARY
  3. シンプルイズ
  4. SMOKED VENISON GIN
  5. お知らせ

関連記事

  1. Hunting

    地域活動

    困っていることがあるとなれば彼が出動し、獣に困っているとなれば自分も…

  2. Hunting

    適者生存

    春の山。雪もどんどん消える。今年はすでに罠が使えそう…

  3. Hunting

    検査

    所持している銃砲の検査。通称「銃検」毎年4月以降から…

  4. Everyday

    ライトなサバイバル

    本能を研ぎ澄まし色々感じるために野営。六ノ里某所にて。…

  5. Hunting

    鹿の個体数

    近年は鹿が非常に増殖しており、里山での獣害や山林での生態系等環境のバ…

  6. Hunting

    第4期有害駆除期

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。獣種別だったり…

Pick up

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
パタゴニア

Link




  1. Hunting

    森林浴
  2. Hunting

    解体
  3. Everyday

    花盛り
  4. Everyday

    没頭するということ
  5. Cafe

    サプる
PAGE TOP