Hunting

ハンターズブートキャンプ罠猟編

猪鹿庁プレゼンツの1泊2日での集中特訓編。

罠猟編。

箱罠の解説もあれど実践メインとなればくくりわな。

移動も容易で扱いやすい。

がしかし、それ相応のスキルが必要。

1人で悩んで考えまくって設置した日々。

情けなく、恥ずかしい失敗の数々も、参加者の皆様のスタートダッシュの糧になればと出し惜しみなく。

獣を捕まえるには獣の特徴を知らなければいけない。

基本は足跡。

そして餌場。

獣道。

さらには季節ごとの特徴など。

参加者の中には親子での参加の方もあり。

「大人と子供と一緒にスタートを切れる良い機会だと思った」

素敵な言葉頂きました。

当日は実際に命を奪う止め刺しシーンも。

辛いシーンでもあるけど、私たち人間はそうやって奪った命を頂いて生きている。

親子で感じる事も多かったのではと思う。

この瞬間に感じたことを是非家族と共有して欲しいと思う。

その日の晩は皆でジビエの宴。

気軽に再現可能な美味しいジビエをコンセプトに、激ウマな夕食。

この日止めた命も食卓に並ぶ。

美味いんだよね。

だからこそ美味さの重みを知って欲しい。

捕食者である僕ら猟師は生きている。

頂くだけの人は生かされている。

この違いを知れるのは猟師ならではの魅力だと思う。

第一次産業こそ生きている証。

農業に酪農、畜産、林業に漁業に狩猟と色々あれど、生活の一部に第一次産業を組み込んで生きること。

それこそ地に足をついているという事だと思う。

このイベントがきっかけで、熱い狩猟者が増えることを切実に願うばかり。

皆さん、またどこかでお会いしましょう!

二日間大変お疲れ様でした。

自動銃と上下二連前のページ

最近の猟次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. 六ノ里の蔵開き
  3. ReBorn
  4. うちの兄妹
  5. お知らせ

関連記事

  1. Hunting

    光学機器

    今年より初導入の光学機器。何がいいか悩んだ挙句、設置したのは…

  2. Everyday

    心の触れ合い的な

    酒を飲むと記憶があやふやになるようになったこの頃。安心して楽…

  3. Hunting

    真っ盛り

    秋も深まりコール猟の調子も上がっています。獣の習性を活かした…

  4. Hunting

    振り返りと決意

    ここらの地域ではオス鹿の発情期が過ぎたかなと言ったところ。夏…

  5. Hunting

    カンジキ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。前回の反省を踏…

  6. Hunting

    珍獣系

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています相変わらずニホン…

Pick up

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    六ノ里棚田にじいろプロジェクト2022
  2. Hunting

    エピローグ
  3. Hunting

    狩猟スタートダッシュ講座
  4. Hunting

    ウマイヤツ
  5. Everyday

    鹿肉と低温調理
PAGE TOP