Everyday

庭とか風景とか

カフェ開店の時にお世話になった六ノ里の水谷造園。

考え方が非常に柔軟で、依頼主の要望に合わせて色々提案をくれる頼もしい存在。

この日は急遽苗を持ってきてくれました。

レンギョウ

レンギョウは中国原産で、江戸時代に渡来し、当時は主に観賞用として栽培されていました。和名レンギョウの由来はオトギリソウ科のトモエソウ(弟切草、生薬名 小連翹(しょうれんぎょう)の漢名連翹を誤用したとも言われています。別名は旱連翹(かんれんぎょう)、空殻(くうかく)、中国名は黄寿丹です。学名の〝Forsythia″はイギリス人園芸家W. A. Forsythの名前にちなみ、また〝suspensa″は枝が垂れるを意味しています。英名はWeeping Forsynthia、(Weeping) Golden Bellです。

日本薬学会より

もっと草木を愛でて欲しい。

純粋に地域を綺麗にしたいというそんな思いから植えてくれました。

ここのところの六ノ里は自発的な美化活動が盛んになっているように思います。

ご近所さんと日常的に草花の相談をしたり。

すぐに反映することのない活動だけど、地道に続ければ10年後、20年後にはかなり期待が出来る。

自主的な、自発的な地域づくり。

まずは無理せず出来る事から。

オムツガールに自転車ボーイ。

我が家は平和です。

罠オーナー制度終盤前のページ

お久しぶりの次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 公開トレーニング
  2. 鹿ローストのサンド
  3. ReBorn

関連記事

  1. Cafe

    ReBorn

    節目を感じて色々思うところもありブログサイトを新規に始めます。 …

  2. Everyday

    ピクニック的な

    毎日山に行っている。とは言え、ただただ罠の設置や見回り、銃を…

  3. Everyday

    当たり前に感謝

    スマホが壊れました。モバイル通信の何かが逝ってしまったらしく…

  4. Everyday

    六ノ里のトウモロコシ

    六ノ里のしらおシマダファームのトウモロコシが良い感じに仕上がっていま…

  5. Everyday

    鹿肉と低温調理

    鹿肉って本当に美味しいのにその味はまだまだ知られていない。野…

  6. Everyday

    生きる基盤とか

    スノーボーダー時代からのある意味腐れ縁な友人と会談。会社員、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Cafe

    エスプレッソというもの
  2. Hunting

    依頼
  3. Cafe

    真っ当に
  4. Everyday

    桜咲く
  5. Cafe

    鹿ローストのサンド
PAGE TOP