Hunting

お久しぶりの

見回り中の林道で久方ぶりのヤツ。

の頭蓋骨。

豚コレラのイノシシへの感染。

おかげさまでイノシシは随分と減ってしまったと体感でハッキリと感じます。

今年の冬は姿を見る事さえ無く…

多分この骨の持ち主も感染して死んでしまったのかな?と。

豚コレラが発生した時はあたかもイノシシが感染拡大の根源のように扱われましたが、感染拡大の元は人の手による人災です。

豚もイノシシも無念でしょう。

養豚場経営者もイノシシ大好きな猟師も辛いとこでしょう。

岐阜県では今の所、イノシシの個体数減少目的の有害駆除と、イノシシに抗体を持たせるためのワクチン投与、そしてその状況を確認するための調査捕獲が混在して実施されています。

事業開始当初はバタバタで行政サイドが大混乱。

1年以上経った今でも軽く混乱してますが…

日毎に違うことを指示され、関わる猟師サイドも大混乱。

そんな中で陽性個体も減ったように思いますが、そもそもイノシシ自体が減っているので実際はどうなのだか。

細かい状況はイマイチ情報収集出来ずに分からないのですが、イノシシの豚コレラは地味に感染拡大中だそうです。

猟師の中には熊、鹿、イノシシなどをメインで狩る大物猟が好きな方がいます。

地域によってはイノシシしかいない土地も。

そこで感染個体が出ちゃうと…辛いよなぁ。

新型コロナで影を薄めてしまったけど、豚コレラも並行していて色々大変な世の中です。

庭とか風景とか前のページ

生きる基盤とか次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. ReBorn
  3. 公開トレーニング
  4. 鹿ローストのサンド
  5. 六ノ里の蔵開き

関連記事

  1. Hunting

    獣と道

    猟法の1つわな猟。更にはわな猟の中の1つ「くくりわな」…

  2. Hunting

    VS猿群

    久々のそれなりの雪。気が付けば薪ストーブ用の薪もあとわずか。…

  3. Hunting

    夏の鹿

    猟期は冬のみ。猪なんかは「猟期に入った頃が一番脂が乗って美味…

  4. Hunting

    罠オーナー制度終盤

    猪鹿庁プレゼンツの罠オーナー制度。現在終盤に入っています。…

  5. Hunting

    お猿さん

    雨に続き雨。割と大雨続き。久しく気持ちの良い山中を歩…

  6. Hunting

    ぼっこぼこ

    くくりわなに捕獲されれば暴れます。動物も当たり前に生きたいの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Cafe

    ありがとうございました
  2. Everyday

    アウトプット
  3. Hunting

    闇も書き捨て
  4. Hunting

    光学機器
  5. Hunting

    豚熱とイノシシ
PAGE TOP