Everyday

共生

圃場で野菜達と触れていると色々な生き物を見る。

アブラムシ、葉ダニ、てんとう虫にもどき、何かの幼虫からミツバチ、蟻などなど。

それぞれがそれぞれの立場で生きるために必死で、時には他生物や野菜などの植物と協力して生きている。

もちろんその逆も然り。

利益が相反するが故にお互いを侵食することもある。

普段自分が入る山の中でもそういう状態が日常で、獣も生きるために必死だ。

そこには多くの共存と排他があり、そのバランスで成り立っている。

近年獣の生息域、生息数のバランスが崩れてはいるが、そもそも何が正解なのかは正直わからない。

良い着地点があればと想いはするが、現状ではまずは自身の環境を優先するほか手はない。

自分たちも生きるために必死だから。

ここのところ人が熊に襲われる事件が増えてきている。

統計では減っているとされる彼らも、毎日山に入る自分の感覚では確実に増えている。

把握されている生息数、それに確認されている捕獲数や駆除数だけに目をやれば保護対象なのかもしれないが、そもそも昔は正式な数に上がらない捕獲がめちゃくちゃ多かったのを知っている。

今はそれが無い。

そもそもの生息数にも疑問が大きい。

だから実質増えている。

少なくても当地区では。

現場、現実を無視した机上の空論にうんざりする。

上手な共生が進む圃場は生物も野菜も生々としている。

昨年は一般的に不作だった野菜。

今年はぼちぼち順調な上に圃場も増えている。

凄く美味しい野菜が数多く出回るなんて人間からしたら素敵な事だ。

共生。

言葉は綺麗だけど、考えるスタート地点が間違っていてはどうにもならない。

神水域で前のページ

馬と収穫次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. 六ノ里の蔵開き
  3. SMOKED VENISON GIN
  4. お知らせ
  5. ReBorn

関連記事

  1. Everyday

    同伴

    雪が降り始めました。クリスマス以降は寒波も続きそう。…

  2. Hunting

    昨日

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。最近月が大きく…

  3. Everyday

    田舎の農事情 

    我が家、と言うか実家の稲刈り。毎年高齢の親に任せっきりという…

  4. Hunting

    もがいて伸びる

    猟期も後半戦。最初はまとめて雪が降ったものの、その後はほぼ降…

  5. Hunting

    里山と自然

    長野の白馬の山。一言で言うなら格好良い標高も高く、そ…

  6. Everyday

    デイオフ

    久々のオフ日。ダラダラと。スタートアップは六…

Pick up

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
パタゴニア

Link





  1. Everyday

    RAVI LUNCH
  2. Hunting

    守備の観点から
  3. Hunting

    御用
  4. Hunting

    熊鹿
  5. Hunting

    春山
PAGE TOP