Hunting

春山

山の雪もだいぶ溶け。

毎年の、いつもの場所まで上がって来れるようになりました。

雪が溶けることで人間の移動可能範囲が増えると同じく、獣も生息域が広がります。

雪の少ないエリアに下がっていた彼らも徐々に戻り始める頃。

少しずつ新芽も育ち始め。

餌場も増えることから団体さんだった獣も散り散りバラバラに。

そしてそろそろニホンジカの出産の季節。

餌に合わせてのルーティン。

自然界、上手く出来ているわ…

おかげで身重のメスは出産、育児のために徐々に姿を見せなくなる。

まだ親にべったりの去年の子も動きは悪く。

もう少ししたら親が出産して育児に専念するから親離れ。

そしたら無邪気な1歳児は良く顔を見せるようになったり。

季節ごとで捕獲しやすい個体、種別が違う理由を考えてみると色々と面白いのです。

雪が消えてきて暖かくなってきたので、ちょっとだけくくりわなを設置。

たまに捕獲するもオスが多い。

やっぱそういう事よねって感じ。

捕獲に関しては至って順調で、これくらいが限界かなぁ?って毎年思うけど、ちゃんと頭数は増えていく。

技術アップなのか個体数増加なのか。

なんとも分からないが、とにかく昨年から銃での捕獲が罠での捕獲を圧倒的に上回ってきている。

良い兆し。

善勝寺の桜も満開となりました。

桜が散る頃に山の植生も整い始める。

自分が住む地域の一つの目安。

地域に合わせた色々な捕獲の攻略法もまた面白い話。

自然に寄り添い生きること。

狩猟もまたその代表的なものだと思う。

おじい会前のページ

花見日和次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. ReBorn
  2. 六ノ里暮体験
  3. うちの兄妹
  4. お知らせ
  5. 六ノ里の蔵開き

関連記事

  1. Hunting

    終猟

    狩猟(楽しみ)としての巻狩りラスト。…

  2. Hunting

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています雪も少しずつ溶け…

  3. Hunting

    ぼっこぼこ

    くくりわなに捕獲されれば暴れます。動物も当たり前に生きたいの…

  4. Hunting

    Next

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています自分にとっては猟…

  5. Hunting

    経験と価値

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています伝えること。…

  6. Hunting

    単独猟

    ※この記事には凄惨な写真がアップされていますグループでの猟も…

Pick up

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    神水域で
  2. Everyday

    郡上藩江戸蔵祭
  3. Cafe

    店舗休業延長
  4. Hunting

    猟期始まり
  5. Hunting

    終猟間近
PAGE TOP