Hunting

シシククル

モジャモジャ。

くくりわなに掛かった獣が暴ればワイヤーもこの通り。

もう少ししたら切れる場合もある。

彼らが生きるために必死なのは当たり前のことで、中には足を切ってでも逃げる個体も。

イノシシや熊が掛かった時にワイヤーを切って猟師を襲うケースもあり。

自分も一度だけイノシシに目の前でワイヤーを切られ突進された事があります。

その時はなんだか切れそうな予感がしていて、少し距離をとって銃を構えたところワイヤーを切って突進。

冷静に引き付けて発砲。

イノシシの顔に当たった感触はあるが突進は止まず。

横っ飛びで回避したところ、イノシシは半矢(手負い)でそのまま山中へ。

「あらら…行っちゃった…」と妙に落ち着いていた記憶はあります。

怪我しなくて良かった。

先日ひっさびさのイノシシを捕獲。

元々イノシシが少ない地域。

そこに豚熱が広がり激減状態。

この時期捕獲できるのは有害駆除の隊員か認定事業でイノシシに対する豚熱対策をしている人のみ。

捕獲後の内容に多少違えはあれど、結局最後は消毒して埋めるか焼却施設で処理するか。(この冬の猟期は自家消費だけ出来る予定)

早く捕獲個体を有効活用出来るようになって欲しい。

だって脂が乗ったイノシシは本当に美味しいからね。

猪鍋、もつ鍋、焼肉。

若いイノシシのスペアリブなんか極上。

早く食べたいな…

心の触れ合い的な前のページ

充電完了次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. うちの兄妹
  2. ReBorn
  3. 公開トレーニング
  4. シンプルイズ
  5. 鹿ローストのサンド

関連記事

  1. Hunting

    お久しぶりの

    見回り中の林道で久方ぶりのヤツ。の頭蓋骨。豚コレラの…

  2. Hunting

    ハンティングスクール長野

    長野県主催のハンティング講座。「ハンティングスクール長野」…

  3. Hunting

    狩猟トーク

    Gu-niにて。始めている人とこれから始める人。色々…

  4. Hunting

    振り返りと決意

    ここらの地域ではオス鹿の発情期が過ぎたかなと言ったところ。夏…

  5. Hunting

    剛から柔

    晴れだろうが雨だろうが山に入り歩く。毎日。そんな生活…

  6. Everyday

    心の触れ合い的な

    酒を飲むと記憶があやふやになるようになったこの頃。安心して楽…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    里山とCOVID-19
  2. Hunting

    夏の鹿
  3. Cafe

    試行錯誤
  4. Hunting

    山の鳥
  5. Hunting

    罠オーナー制度終盤
PAGE TOP