Hunting

シシククル

モジャモジャ。

くくりわなに掛かった獣が暴ればワイヤーもこの通り。

もう少ししたら切れる場合もある。

彼らが生きるために必死なのは当たり前のことで、中には足を切ってでも逃げる個体も。

イノシシや熊が掛かった時にワイヤーを切って猟師を襲うケースもあり。

自分も一度だけイノシシに目の前でワイヤーを切られ突進された事があります。

その時はなんだか切れそうな予感がしていて、少し距離をとって銃を構えたところワイヤーを切って突進。

冷静に引き付けて発砲。

イノシシの顔に当たった感触はあるが突進は止まず。

横っ飛びで回避したところ、イノシシは半矢(手負い)でそのまま山中へ。

「あらら…行っちゃった…」と妙に落ち着いていた記憶はあります。

怪我しなくて良かった。

先日ひっさびさのイノシシを捕獲。

元々イノシシが少ない地域。

そこに豚熱が広がり激減状態。

この時期捕獲できるのは有害駆除の隊員か認定事業でイノシシに対する豚熱対策をしている人のみ。

捕獲後の内容に多少違えはあれど、結局最後は消毒して埋めるか焼却施設で処理するか。(この冬の猟期は自家消費だけ出来る予定)

早く捕獲個体を有効活用出来るようになって欲しい。

だって脂が乗ったイノシシは本当に美味しいからね。

猪鍋、もつ鍋、焼肉。

若いイノシシのスペアリブなんか極上。

早く食べたいな…

心の触れ合い的な前のページ

充電完了次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 鹿ローストのサンド
  2. 7月のNATURAL KEDI
  3. ReBorn
  4. 公開トレーニング
  5. 六ノ里の蔵開き

関連記事

  1. Hunting

    学ぶ会

    猪鹿庁主催の狩猟スタートダッシュ講座。5/1〜5/4の連続講…

  2. Hunting

    騒音性難聴

    大きな音を聞き続ける環境に居たり、突発的な爆音なんかでも発症する聴覚…

  3. Hunting

    季節と地域

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。有害鳥獣駆除の…

  4. Hunting

    秋深まり

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。今年はドングリ…

  5. Hunting

    渡るところ

    春先のニホンジカは新芽が豊富な里山の田畑に集中します。個体の…

  6. Hunting

    狩猟トーク

    Gu-niにて。始めている人とこれから始める人。色々…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    生きる基盤とか
  2. Hunting

    カンジキ
  3. Everyday

    馬と収穫
  4. Hunting

    鹿の発情期
  5. Everyday

    謝肉祭なるもの
PAGE TOP