Everyday

沈胴式のフィルム

Retina 1b

Xenar f2.8 50mm

沼にハマりそうなもの。

先日の棚田プロジェクトの作業中、農業指導員の佐藤幸邦さんとカメラトークで盛り上がっていたら後日譲ってもらう事となりました。

フィルムカメラなんてよく考えたら使った事ないかも。

いや、写ルンですもフィルムか。

とは言えこのカッコ良い沈胴式のレンズ。

見ているだけでも美しい。

そもそもフィルムの事全然知らないけれど、データとして起こせるみたいだし、色々可能性が広まりそう(ここが沼ポイント)

早くフィルムゲットして撮影してみたい。

ちなみにweb上で写真を探してみるとこんな感じで撮れるっぽい。

LomographyのRetina 1bの画像集

カメラ持って遊びに行ける時間が欲しいと強く思う今日この頃。

本質的到達点前のページ

母校にて次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 鹿の蒸留酒
  2. ReBorn
  3. 六ノ里の蔵開き
  4. シンプルイズ
  5. うちの兄妹

関連記事

  1. Everyday

    舞娘

    続・縮小運動会。仕方ないのも分からなくはないが、いい…

  2. Everyday

    表現と役割

    分かりやすいものに人は惹かれる。でもそこに奥深さは見出しにく…

  3. Everyday

    生きるということ

    しらおシマダファームの収穫体験イベント。生産者から話を聞き、…

  4. Everyday

    神事

    平谷白山神社にて神事。今年は神主の都合もありいつもとは違う日…

  5. Everyday

    秋冬の野菜

    夏のトウモロコシ以降は次の準備期間に入っていたしらおシマダファーム。…

  6. Everyday

    復旧作業

    毎年恒例とはなってほしくない作業。突風でトウモロコシが倒れた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    対決
  2. Hunting

    鹿の発情期
  3. Cafe

    COFFEE LOVERS
  4. Everyday

    愚直一直線
  5. Everyday

PAGE TOP