Everyday

ゆらぎ

冬と言えばの薪ストーブ。

この11月は何だか暖かい日が多けど、それでも時折着火。

炎の揺らぎは何故にこうも人を惹きつけるのか。

岐阜県は猟期に突入したとはいえ、まだまだ降雪は無い。

もう少しして雪が積もれば銃猟はハイシーズンへ。

毎日ヘトヘトになるくらい山を駆け巡り、びしょびしょで冷え切った体で帰宅。

そこにあるのは暖まった空間にゆらめく炎。

手には収穫物。

多分、日本で感じられる数少ない原始的生活。

人と人とのやり取りで心をすり減らす日々とは違う、ただ純粋に本能のままに生きる生活。

この炎はそんな生活の大事な大事な部分。

絶えなく燃えていることで、何故か生き抜ける安心感を感じられる。

火がある事で自然と人は集まるもの。

今年も良き薪ストーブ生活を送りたいね。

とりあえず世界がひっくり返っても、しばらくは生きていけそうだ。

この冬も食うために頑張ろう。

回想前のページ

罠ガール次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. シンプルイズ
  3. 10th ANNIVERSARY
  4. お知らせ
  5. 六ノ里暮体験

関連記事

  1. Hunting

    狩って食べて

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています日の出から山にい…

  2. Everyday

    幸福度を上げる

    自転車の練習。もしかしたら、子供に与えられる最初の試練かもし…

  3. Hunting

    夏の鹿

    猟期は冬のみ。猪なんかは「猟期に入った頃が一番脂が乗って美味…

  4. Everyday

    切り替え

    ふと家に飾ってあったミニサイズの雛人形。そういえばそろそろこ…

  5. Hunting

    備忘録

    猟師4年目。猟期も前半戦から後半戦へ。1年目は右も左…

  6. Everyday

    仕込みナウ

    オー・シャンゼリゼ。そんな郡上のパリの裏通りの一角に…

Pick up

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
パタゴニア

Link




  1. Hunting

    擬音語的な
  2. Hunting

    最近の猟
  3. Everyday

    走り過ぎた
  4. Cafe

    supple coffee roasters
  5. Hunting

    本能をくすぐる
PAGE TOP