Everyday

心の触れ合い的な

酒を飲むと記憶があやふやになるようになったこの頃。

安心して楽しめる環境が六ノ里にあるってのは大きな要因ではあるけれど、良い夜の記憶はしっかりと残しておきたい。

良い年したおっさんが未来を創造する子供たちへ想いを託した日。

いや、勝手に語った日。

あなた達の人生はあなた達のものであって、他の誰のものでも無い。

人の評価や目線で生きるのでは無く自分の納得点で。

友人から子供達に話をする機会をいただき、色々悩んだ挙句の話のテーマは「好きなことをして生きる」ってことに。

至ってシンプルだけど、多分大多数の人ができていないと同時に憧れるテーマでもある。

その入り口の門を自分で開けるキッカケになれば幸いです。

他人軸で生きるのではなく自分軸で。

他者評価なんて実はどうでも良くて、自分の幸せを追求しましょうって話。

30代になってからそれに気付いて行動した自分。

10代の子達がそれに気付いて行動できたならその先の未来はどんなに素晴らしい事だろう。

また六ノ里においで。

今度は一緒に遊びましょう。

純真な心に触れ合えて自分自身熱が上がりました。

ありがとう。

この日の会場は「しらおシマダファーム」

ここの野菜の廃棄場所には可愛い奴が住み着いています。

アナグマさん。

可愛いんだけど、これもまた有害駆除の対象動物で。

近くに人がいても美味しそうに野菜食ってます。

捨てられる野菜は規格外といえどハイクォリティ。

そりゃ美味いよね。

良質な食べ物食べているので丸いです。

うふふ

闇も書き捨て前のページ

シシククル次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 公開トレーニング
  2. ReBorn
  3. 鹿ローストのサンド
  4. うちの兄妹

関連記事

  1. Everyday

    保全作業

    善勝寺のエドヒガン桜。樹齢も400年を超えるそうで少々弱り気…

  2. Everyday

    夏い

    子供の夏休み最後の日。今年はどこにも遠くへ連れて行ってやれず…

  3. Hunting

    鹿の角

    鹿の角はオスにしか生えないって事は前から言っているけど、形や大きさは…

  4. Everyday

    花盛り

    六ノ里の善勝寺の桜に花桃、レンギョウ、芝桜…どれも見頃で色取…

  5. Everyday

    郡上の南部は中々暑いものの、北部はかなり過ごしやすい。日中で…

  6. Hunting

    夏の鹿

    猟期は冬のみ。猪なんかは「猟期に入った頃が一番脂が乗って美味…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    CAMP DAYS
  2. Hunting

    渡るところ
  3. Everyday

    田舎で暮らしってこんなん
  4. Everyday

    外飯
  5. Everyday

    生きる基盤とか
PAGE TOP