Hunting

もがいて伸びる

猟期も後半戦。

最初はまとめて雪が降ったものの、その後はほぼ降らず。

今の段階で言うなれば並以下の雪。

もうこれがデフォルトなのかもしれない。

実は中途半端が一番やりにくい。

足跡も追いにくいし、雪の量は少ないから簡単に逃げられる。

一番困るのは凍った雪しかないから人の足跡が響きすぎる。

だったら何も無い方が捕れる。

単独もグループもやりにくい。

とは言え今までの雪の影響もあり、条件が良い餌場には大挙して獣が詰まっていることもよくある。

この時期の郡上は単体より群れだらけ。

5〜10の群れに数回遭遇なんてこともある。

そんなに大挙されて来られてもこっちがビビりますよって話。

まずは落ち着き1頭を。

余裕あればその次を。

最初っから複数頭倒すつもりだと狙い過ぎで大体逃がす。

メンタルの問題ですね。

ゴルゴ13のような冷静さを培いたい。

もちろん腕も。

擬音語的な前のページ

大群次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. うちの兄妹
  3. 鹿の蒸留酒
  4. 7月のNATURAL KEDI
  5. ReBorn

関連記事

  1. Hunting

    夏の鹿

    猟期は冬のみ。猪なんかは「猟期に入った頃が一番脂が乗って美味…

  2. Hunting

    備忘録

    猟師4年目。猟期も前半戦から後半戦へ。1年目は右も左…

  3. Hunting

    ハンティングスクール長野

    長野県主催のハンティング講座。「ハンティングスクール長野」…

  4. Hunting

    お猿さん

    雨に続き雨。割と大雨続き。久しく気持ちの良い山中を歩…

  5. Hunting

    発見力

    狩猟行為をするにあたって自分が求めているのは捕獲力の向上。目…

  6. Hunting

    意義とか

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。犬猟。…

Pick up

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    GOW2021 DAY3
  2. Everyday

    表現と役割
  3. Hunting

    バージョンアップ
  4. Hunting

    この時期のルーティン
  5. Everyday

    美味しいところ
PAGE TOP