Hunting

もがいて伸びる

猟期も後半戦。

最初はまとめて雪が降ったものの、その後はほぼ降らず。

今の段階で言うなれば並以下の雪。

もうこれがデフォルトなのかもしれない。

実は中途半端が一番やりにくい。

足跡も追いにくいし、雪の量は少ないから簡単に逃げられる。

一番困るのは凍った雪しかないから人の足跡が響きすぎる。

だったら何も無い方が捕れる。

単独もグループもやりにくい。

とは言え今までの雪の影響もあり、条件が良い餌場には大挙して獣が詰まっていることもよくある。

この時期の郡上は単体より群れだらけ。

5〜10の群れに数回遭遇なんてこともある。

そんなに大挙されて来られてもこっちがビビりますよって話。

まずは落ち着き1頭を。

余裕あればその次を。

最初っから複数頭倒すつもりだと狙い過ぎで大体逃がす。

メンタルの問題ですね。

ゴルゴ13のような冷静さを培いたい。

もちろん腕も。

擬音語的な前のページ

大群次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里暮体験
  2. シンプルイズ
  3. うちの兄妹
  4. ReBorn
  5. 10th ANNIVERSARY

関連記事

  1. Everyday

    切り替わり

    今年最後かもしれない雪って感じの日。となれば山行き。…

  2. Hunting

    アウトプットの形

    いつもの講座、ではなく企業向けの研修的な。自分たちに…

  3. Hunting

    生き方とか

    人の数だけ価値観が有り、そして生き方があり。信念もそれぞれ。…

  4. Hunting

    最近の猟

    この日の流し猟の捕獲個体。同行の__aileeyのホークアイ…

  5. Hunting

    御用

    依頼のあった場所。長らくお待たせしてしまいましたが捕獲。…

  6. Hunting

    通常業務であれど

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています毎度恒例の餌付け…

Pick up

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    里山とCOVID-19
  2. Hunting

    なめす
  3. Everyday

    年度の〆
  4. Everyday

    地域の笑顔
  5. Everyday

    終いの唄踊り
PAGE TOP