Hunting

もがいて伸びる

猟期も後半戦。

最初はまとめて雪が降ったものの、その後はほぼ降らず。

今の段階で言うなれば並以下の雪。

もうこれがデフォルトなのかもしれない。

実は中途半端が一番やりにくい。

足跡も追いにくいし、雪の量は少ないから簡単に逃げられる。

一番困るのは凍った雪しかないから人の足跡が響きすぎる。

だったら何も無い方が捕れる。

単独もグループもやりにくい。

とは言え今までの雪の影響もあり、条件が良い餌場には大挙して獣が詰まっていることもよくある。

この時期の郡上は単体より群れだらけ。

5〜10の群れに数回遭遇なんてこともある。

そんなに大挙されて来られてもこっちがビビりますよって話。

まずは落ち着き1頭を。

余裕あればその次を。

最初っから複数頭倒すつもりだと狙い過ぎで大体逃がす。

メンタルの問題ですね。

ゴルゴ13のような冷静さを培いたい。

もちろん腕も。

擬音語的な前のページ

大群次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. ReBorn
  2. お知らせ
  3. シンプルイズ
  4. SMOKED VENISON GIN
  5. 六ノ里の蔵開き

関連記事

  1. Everyday

    謝肉祭なるもの

    まずは、猪鹿庁の罠オーナー制度に参加の皆様、本当にありがとうございま…

  2. Hunting

    ウマイヤツ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。イノシシ一団。…

  3. Hunting

    変遷

    暖冬の中の降雪。スノーモービルの活用は最後のチャンスか?…

  4. Hunting

    ギアトーク

    先日アップされた猪鹿庁のYouTubeチャンネル。自分が実際…

  5. Everyday

    みらいをおもふ

    友人との日々の活動。この日は訪問入浴介護のサービスを提供する…

  6. Hunting

    青春の山

    物心つく前から滑っていたところ。20代を捧げたところ。…

Pick up

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    復旧作業
  2. Everyday

    終宴
  3. Everyday

    地域の笑顔
  4. Everyday

    知識欲
  5. Everyday

    六ノ里の春
PAGE TOP