Hunting

不覚を取る

獣害対策を依頼され、やりきっていた場所。

数ヶ月して再侵入を許してしまう。

対策している場所は川に隣接した離小島のような形状の田畑なんだけど、一部は山に面している。

獣も基本は山から降りてくるけど、ここの山の斜面は急斜面。

降りる場所も限られてくる。

山側にはビシッとしっかり電柵が貼ってあるので、さらに侵入口は絞られる。

ポイントを絞ってガチガチにくくりわなを設置していた結果もあり、今まで侵入していた個体は容易に捕獲完了。

更には長期的に罠を置いていたことにより、捕獲数もぼちぼち。

そしてここしばらくは静かな様子で田畑も大丈夫だった。

しかし、まさかの侵入。

ここのところで連続して2回ほど。

おかしいなぁと思って山肌を確認するも痕跡は全くない。

まさか、川を歩いてる??

こうなるとタチが悪いなぁ…

川にくくりわなは置けないし、川から入ってくるところは罠が設置できるところは無い。

銃…しかないか…

とは言え銃は先日の状況のまま。

交換部品もアメリカ製の物で、ウクライナの情勢の影響か入荷の目処は未だ無し。

貧乏猟師だから持っている銃は1丁のみ。

流石に仕事だらなぁ…2丁目、真剣に考えようかなぁ。

とは言え、まずは侵入経路の捜索を続行してみよう。

獣害に困るところ、守りきりたい。

畑のマルチシートには色々な生き物の足跡が残されています。

これは何?

分かるかな?

六ノ里の収穫直売ツアー前のページ

Tatsumi Distiller 5th Anniversary次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. お知らせ
  2. ReBorn
  3. 六ノ里暮体験
  4. シンプルイズ
  5. うちの兄妹

関連記事

  1. Cafe

    Smoked Deer Gin

    ついにこの日が…今までの小さなステップの積み重ね。狩…

  2. Hunting

    振り返りと決意

    ここらの地域ではオス鹿の発情期が過ぎたかなと言ったところ。夏…

  3. Hunting

    季節と地域

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。有害鳥獣駆除の…

  4. Hunting

    生き方講座

    猪鹿庁の講座。珍しく少人数。面白いことに境遇が似た受…

  5. Hunting

    大狩猟大会的な

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています別に大でもないし…

  6. Everyday

    獣好き

    豚熱。豚コレラ。みんな覚えてる?日本…

Pick up

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
パタゴニア

Link




  1. Hunting

    剛から柔
  2. Everyday

    本質的到達点
  3. Everyday

    やりたい事だらけ
  4. Everyday

    春休み
  5. Everyday

    仕込みナウ
PAGE TOP