Hunting

袋角

知ってますか?

ニホンジカのツノが雄しか生えないって。

しかも毎年生え変わるって。

春先になるとツノは根元から折れます。

そして少しずつ伸びていき秋には完成。

伸びる最中は袋のような幕をまとっているので袋角。

漢方では高級素材なのだとか。

伸びきったら袋が破れてツノ本体が出てきます。

最初は白く表面にチクチクした細かい突起があります。

そんなツノも木で研いで突起も無くなり茶色味を帯びた迫力あるツノに。

ツノのサイズは年を取るごとに大きくなります。

秋口には繁殖期に入るので、大きなつツノを持った雄シカが縄張りを形成するため各地へ散っていきます。

秋頃に山から女性の悲鳴のような声(ここら辺は連続3回が定番)を聞いたら彼らの鳴き声。

縄張りの主張だとか、雌シカを呼ぶ声だとか。

この時大きなツノの雄シカ同士が鉢合わせるとツノを使って戦います。

縄張りと、メスを巡っての争いです。

面白いものですね。

猟師になって毎日山へ入って知った事です。

こういう事をテキストから学ぶわけでもなく、ただ感じて知るという事。

世の中知っている事なんて極々一部。

私は死ぬまで強く好奇心を持って生きたいタイプの人間です。

知ってますか?

好奇心を持ち続けて、更には好奇心を元に学んで成長できる生き物は人間だけなんですって。

好奇心、持ち続けてますか?

人として成長できる大事なファクターです。

とどのつまり、死ぬまでワクワクドキドキして生きたいですね。

色んなことに挑戦して、色んな世界を見て、失敗もいっぱいして楽しく生きたいですね。

って話。

真っ当に前のページ

ある日の撮影次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. ReBorn
  2. うちの兄妹
  3. SMOKED VENISON GIN
  4. 六ノ里暮体験
  5. 六ノ里の蔵開き

関連記事

  1. Hunting

    孤軍奮闘

    3月15日で岐阜県の猟期は終わり。そしてそのまま有害駆除の季…

  2. Hunting

    夏の餌付け実験その後

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています夏の餌付け実験。…

  3. Hunting

    食探し

    キノコ。水上淳平先生に学ぶ。…

  4. Hunting

    精肉過程

    捕獲個体の内臓を抜き皮を剥ぐ。その後に大きな部位ごとに解体。…

  5. Hunting

    餌付け考察と罠オーナー制度の終わり

    夏の餌付け事情、その後の考察とか。ヘイキューブを撒い…

  6. Hunting

    新緑

    山に緑色が戻り始めてきた。シロモジの葉も出始め。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/xs328833/rokunorism.com/public_html/wp-content/themes/mag_tcd036/comments.php on line 156

Pick up

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    桃源郷
  2. Everyday

    年越しの準備
  3. Everyday

    インターバル
  4. Hunting

    雪との戦い
  5. Hunting

    雄鹿捜索隊
PAGE TOP