Hunting

終盤戦

降雪後はボーナスタイム。

のはずも結果から言えば捕獲ならず。

雪が降る年は獣も雪が少なく過ごしやすく餌の多い場所に溜まるわけで。

つまりは同じ市内でも山続きの最後の南のエリア。

郡上なら明宝、大和、八幡の辺り。

とは言えそれも降り方次第で…まとまって大雪となればその場の雪の少ないところ。

河原とか。

今年は徐々に雪が降ったので獣のほとんどは山の南部へ。 

とは言えまずは獣がいる山に入らなければ意味がない。

ひたすらに車で山の斜面を見回り。

基本は裸眼で。

気になれば双眼鏡で見る。

あぁ何かは居る。

腹割って歩いている、なんて僕らは表現しているけど…

雪が深いからお腹で雪を押し割って歩いているのが分かる。

あなたは分かる??

雪深いとなればカンジキ装備。

ただ降りたての新雪ってふわふわでカンジキありでもよく沈む。

深いところは太腿くらいまで沈む。

しんどい。

体力勝負。

だからこそ獣もしんどい。

見つけたらもらったも同然。

なんとか新しい足跡見つけて追跡するも全然追いつかない。

しんどい。

体力切れ。

情けない。

今週は狩猟人生初の4連休を取ったのに何故かしんどい。

普通体力回復して頑張れそうなんだけどね。

やっぱり対自然に関しては常に自分をその環境に投下していないといけないのかな。

体力のみならず感覚も鈍る。

より野生に近い生き方をしなければ。

岐阜県の猟期も残りわずか。

集中。

自然と共に生きる前のページ

ボーナスタイム次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. お知らせ
  3. 鹿の蒸留酒
  4. ReBorn
  5. うちの兄妹

関連記事

  1. Hunting

    Next

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています自分にとっては猟…

  2. Hunting

    袋角

    知ってますか?ニホンジカのツノが雄しか生えないって。…

  3. Hunting

    闇も書き捨て

    多々思うところあり。というか愚痴。前回の記事でサラッ…

  4. Everyday

    本能をくすぐる

    田舎のもてなし。狩猟者として食べてほしい飯。調理の専…

  5. Hunting

    知恵比べ

    日増しに獣害対策依頼が増えている。自身の忙しい状況は依然変わ…

  6. Hunting

    熊鹿

    ここのところの山事情。相変わらず夜明けとともに山へ通う日々。…

Pick up

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Hunting

    雪のち晴れ
  2. Everyday

    神事
  3. Everyday

    種を蒔くということ
  4. Hunting

    技術と猟法
  5. Hunting

    剛から柔
PAGE TOP