Hunting

大会前

尊敬する先輩の背中。

いつか超える事が出来るのだろうか。

この日は7/11の郡上市の射撃大会に向けての調整。

場所は郡上市大和町母袋の郡上総合射撃場。

自分は標的射撃(散弾銃)に出る。

50mの的当て。

ちなみに左の大きい的は散弾銃の的で右の小さい的はライフル銃の的。

散弾銃と言えど発射する弾はスラッグ弾。

バラバラの弾じゃなくて一発の鉛の弾。

散弾銃は弾の種類が豊富で、用途に合わせて色々選べるのが特徴。

当日タイミングが合い居合わせたベテランライフルマン。

新銃が届いたばかりの新人ハンターの友人。

ガチでやるならこれでしょ的なミロクのM S2000D。

罠周りもグループ猟も単独猟もこなす中で1本とするなら個人的にもおすすめ。

銃身が短くて山でガシガシ歩いても木々に引っかかりにくい。

メンテナンス(掃除)が楽。

そして軽い。

これまた新銃手に入れた先輩。

サベージM220(ハーフライフル)

スコープ載せたボルトアクション。

憧れのもの。

精密射撃、狙撃、男のロマン。

とは言えロマン枠でもなく、ここのところでボルトアクションがあれば捕獲幅が広がるのではと真剣に思う。

うまくいけば今年は銃の追加したいな… 

この日は7発。

たったの。

間抜けな事に弾を補充していなくて残弾少なし。

節約発砲。

とは言え成果は充分か。

1年半ぶりに使うスラッグ銃身。

どんなもんだったかと膝射で2発撃ってみる。

真ん中狙って10時〜11時の1点辺り。

ならばと反対側の4時〜5時の1点辺りを狙えばぼちぼち中心に集弾。

うむ。

あとは銃身を変えてドットサイトの調整で2発。

ぼちぼち中心。

よし。

ほぼ毎日山で発砲しているおかげか、事前に調整さえすればなんとかなる。

あとは大会当日のメンタル次第…

極み系前のページ

神水域で次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 鹿ローストのサンド
  2. ReBorn
  3. 7月のNATURAL KEDI
  4. シンプルイズ
  5. うちの兄妹

関連記事

  1. Hunting

    狩猟三昧

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。年末年始も休み…

  2. Hunting

    雪よ積もれ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。苦手な方はこれ…

  3. Hunting

    境界線

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。夜明けの山中。…

  4. Hunting

    騒音性難聴

    大きな音を聞き続ける環境に居たり、突発的な爆音なんかでも発症する聴覚…

  5. Everyday

    山行きの合間

    近くの道の駅「白尾ふれあいパーク」で催し物。お世話になってい…

  6. Hunting

    鹿の発情期

    そろそろ山で鹿が鳴き始めています。秋から冬の入り口辺りまでが…

Pick up

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    最盛期
  2. Hunting

    シシククル
  3. Everyday

    新米の季節
  4. Everyday

    前へ前へ
  5. Everyday

    密着系
PAGE TOP