Hunting

大会前

尊敬する先輩の背中。

いつか超える事が出来るのだろうか。

この日は7/11の郡上市の射撃大会に向けての調整。

場所は郡上市大和町母袋の郡上総合射撃場。

自分は標的射撃(散弾銃)に出る。

50mの的当て。

ちなみに左の大きい的は散弾銃の的で右の小さい的はライフル銃の的。

散弾銃と言えど発射する弾はスラッグ弾。

バラバラの弾じゃなくて一発の鉛の弾。

散弾銃は弾の種類が豊富で、用途に合わせて色々選べるのが特徴。

当日タイミングが合い居合わせたベテランライフルマン。

新銃が届いたばかりの新人ハンターの友人。

ガチでやるならこれでしょ的なミロクのM S2000D。

罠周りもグループ猟も単独猟もこなす中で1本とするなら個人的にもおすすめ。

銃身が短くて山でガシガシ歩いても木々に引っかかりにくい。

メンテナンス(掃除)が楽。

そして軽い。

これまた新銃手に入れた先輩。

サベージM220(ハーフライフル)

スコープ載せたボルトアクション。

憧れのもの。

精密射撃、狙撃、男のロマン。

とは言えロマン枠でもなく、ここのところでボルトアクションがあれば捕獲幅が広がるのではと真剣に思う。

うまくいけば今年は銃の追加したいな… 

この日は7発。

たったの。

間抜けな事に弾を補充していなくて残弾少なし。

節約発砲。

とは言え成果は充分か。

1年半ぶりに使うスラッグ銃身。

どんなもんだったかと膝射で2発撃ってみる。

真ん中狙って10時〜11時の1点辺り。

ならばと反対側の4時〜5時の1点辺りを狙えばぼちぼち中心に集弾。

うむ。

あとは銃身を変えてドットサイトの調整で2発。

ぼちぼち中心。

よし。

ほぼ毎日山で発砲しているおかげか、事前に調整さえすればなんとかなる。

あとは大会当日のメンタル次第…

極み系前のページ

神水域で次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 公開トレーニング
  2. 六ノ里の蔵開き
  3. ReBorn
  4. 7月のNATURAL KEDI
  5. 鹿ローストのサンド

関連記事

  1. Hunting

    全力前進

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。梅雨時期は雨の…

  2. Hunting

    もう1つの愛用品

    私はナイフを2本愛用しています。1本については以前ブログでア…

  3. Hunting

    深まる

    秋も深まり、色合いも深まる。いつもの山行きも気分が変わります…

  4. Hunting

    夏の鹿

    猟期は冬のみ。猪なんかは「猟期に入った頃が一番脂が乗って美味…

  5. Hunting

    真っ盛り

    秋も深まりコール猟の調子も上がっています。獣の習性を活かした…

  6. Hunting

    光学機器

    今年より初導入の光学機器。何がいいか悩んだ挙句、設置したのは…

Pick up

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Hunting

    罠のメンテナンス
  2. Hunting

    恥は書き捨て
  3. Everyday

    ミラーレス
  4. Everyday

    桃源郷
  5. Everyday

    花盛り
PAGE TOP