Hunting

ボーナスタイム

※この記事には凄惨な写真がアップされています

ボーナスタイムのリベンジ。

意味不明な表現だけど、ボーナスタイムでボーナスを獲りこぼしたのが前回。

今回は獲った。

まずはいつもの見回りから。

これ、絶対大事。

焦って山へ突入しない。

良い足跡あってもまず可能な範囲を見回って、情報を整理して、そして山を選択して入る。

この場所はいつもカモシカが多いところ。

この日も新しそうな痕跡があるから一応は確認。

やっぱりカモシカ。

カモシカの足跡は主蹄がハの字に開いていることが特徴的。

カモシカしかいないかな?なんて思って見ていたらこの足跡。

主蹄が閉じている。

この写真では副蹄が見えないけど、前後の足跡見ても副蹄が付いていない。

もしこれで副蹄が付いていて、副蹄が左右に開いていたらイノシシ。

状況判断でニホンジカと断定するには充分。

珍しいな…この時期にこの状況でこの場所で。

雪深い場所。

カンジキを使って追跡。

静かに静かに。

200m程進んだところで木の皮を食べているニホンジカを見つける。

見えるのはお尻のみ。

これ以上近寄れないと判断して発砲。

が、外す。

やってしまった…

とは言え深い雪の中。

彼は逃げやすい雪の無い場所を選んだ。

水の流れる狭い沢。

沢は雪が無くて一時的には逃げやすいかもしれない。

でもここは倒木も多く進みにくい。

そして一度入ったが最後。

雪深すぎて登れない。

その結果…行き止まり。

沢から出られない。

追いかけて仕留めている時点でクリーンキルとは言えない。

それでもなんとかヘッドショット。

角吹き飛ぶ。

今年はこれ多いな…

ただね、これネック狙ってヘッドだったの。

つまり想定より高めに弾が当たっている。

どうもドットサイトの標準狂っている気がする。

思っていたより少し上に弾が当たる。

とりあえず今の自分での考察…スラッグ弾100発撃ったらサイトを調整をしよう。

多分それくらいで捕獲に影響は出始める。

今年は光学機器の弱点がモロに出た年。

やっぱりガチで山歩きまくるなら最後の最強はスラッグ銃身、オープンサイト、照星照門なのかもしれない。

うーん…今年もこの問題多発するなら考えないといけないな。

終盤戦前のページ

寒の作業次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. うちの兄妹
  3. 鹿の蒸留酒
  4. シンプルイズ
  5. お知らせ

関連記事

  1. Hunting

    擬音語的な

    ドンドン、デンデンとか。こういう獣の足跡がつき過ぎて真っ黒に…

  2. Hunting

    伝えること

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています狩猟の話。…

  3. Hunting

    猟期 2020-2021

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。今日入れてあと…

  4. Everyday

    ライトなサバイバル

    本能を研ぎ澄まし色々感じるために野営。六ノ里某所にて。…

  5. Hunting

    季節と地域

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。有害鳥獣駆除の…

  6. Cafe

    鹿の蒸留酒

    kedi cafeで辰巳蒸留所の鹿ジンの提供を開始します。と…

Pick up

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Hunting

    ラストウィーク
  2. Everyday

    興味とか好奇心とか
  3. Everyday

    庭とか風景とか
  4. Hunting

    光学機器
  5. Hunting

    欲の秋
PAGE TOP