Hunting

狩る費用

狩猟にかかるお金。

割とお金かかるやつ編。

ほぼ毎日狩猟に行く自分。

銃猟、罠猟ともにやる男。

誰かの参考とネタにでもなれば。

銃。

余程の事が無ければ壊れたりはしないが、メンテナンスはいる。

ガンオイルTX61を大体1ヶ月に2本。

これ自体は高いわけでもないけど手間がかかる。

銃はレミントン1100LTの20番。

新銃で200,000円ほど。

今年で4年目。

相当酷な使い方をしているが多少の修理で全然元気。

問題は実弾。

スラッグ弾の年間使用量は約500発。

価格は10発で約2,700円。

単純計算で年間135,000円。

罠猟での相棒はくくりわな「KSー12」

今はいくらだろう?多分1基7000円くらい。

問い合わせは岐阜県関市にある旭工機さんへ。

狩猟に関しては同時にセットできるのは30基まで。(有害駆除や認定事業などは各地の規定あり)

初期費用は約210,000円。

獣を捕獲すると部品がダメージが入るので色々と交換。

くくりわなでの捕獲は年間100頭ほどだけど修理は30基くらいかな。

部品次第だけど費用は数百円から1000円以内。

高く見積もって修理代は年間30,000円程度。

一番かかるのが車関係。

軽トラ必須。

価格は最近上昇気味。

まずは2年に一度の車検代に毎年の保険代。

そしてガソリン代は月平均40,000円くらい。

タイヤは3ヶ月に1回は履き替え。

ブレーキパッドは1年に1回交換。

ある程度ガタがくれば足回りは総崩れに壊れ始め…前後左右、サスペンション、板バネ全折れ、交換。

舐めちゃいけない車の費用。

ガソリン代も上昇している昨今。

ちゃんと捕獲出来ないとしんどい。

消耗品と言っていいのか分からないけど、自分の体はプライスレス。

体が資本とは言うけど、本当に体が命とも言える。

山を歩いてボコボコにして酷使し、なんなら命の危険も伴う。

体に心と随分消耗したものだ。

命を消耗してもなお山へ行くのは、信念があるからとしか言えないだろう。

獣の命を奪うために自分の命を使用する日々。

いつまで狩りを出来るのだろう。

そしていつまで生きれるのだろう。

やれるところまでやってみようじゃあないか。

周りが火傷するくらい情熱の炎を高めて。

気合い入れ直し。

狩る。

色々な費用のことは一旦忘れよう。

伝えること前のページ

量と質次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. 鹿の蒸留酒
  3. お知らせ
  4. 六ノ里の蔵開き
  5. ReBorn

関連記事

  1. Cafe

    鹿ローストのサンド

    良い肉が手に入りました。自分で山に行き鹿を捕獲。その…

  2. Hunting

    豚熱とイノシシ

    豚コレラ発生県の岐阜県。途中C S F(豚熱)と名前を変えた…

  3. Hunting

    罠猟講座

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています自身の日常を他者…

  4. Hunting

    狩猟三昧

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。年末年始も休み…

  5. Hunting

    角々鹿々

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています捕獲ラッシュ。…

  6. Hunting

    秋深まり

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。今年はドングリ…

Pick up

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Hunting

    渡るところ
  2. Cafe

    次のサンド
  3. Cafe

    春休み
  4. Everyday

    花盛り
  5. Cafe

    季節も変わり
PAGE TOP