Hunting

たまにはスマホで

カメラ、重過ぎ問題。

今日も気合いで背負い、腰〜胸辺りまである雪の中を歩く。

そして気付く。

カメラの電池が無い。

重い物を持つというただの修行となってしまった狩だけど、こんな時こそたまにはスマホで。

雪山は美しい。

さらに単独猟となれば全てが自分のペース。

ただぼーっと雪景色を楽しみながら歩くのも最高。

ここは普通の人は決して見ることが出来ない世界。

至高の世界。

自然界。

獣の足跡。

こうやって見えるのもこの時期の特徴。

痕跡を見るだけでゆっくり歩いているのか、急ぎなのか、餌食べているのかも分かる。

本体はいなくても頭の中にその姿はハッキリ浮かぶ。

寝屋。

寝床。

丸くなって座るから雪も溶けている。

反芻(はんすう)しながらのんびり過ごしたんだろうな。

こんな雪の中でも凍えずに過ごせるって凄い。

雪降り始め。

今日はニホンジカの足跡ばかり。

全てが雪の少ないエリアへ向かって一直線。

こうなるとそう簡単には止まらない。

更には鹿とのすれ違い多数で運も悪し。

移動して出たところに鹿が向かったり、追いかけてみればまた今度はさっきいた場所に移動されてたり。

時間も無くなり最後はヤマドリを捕獲して下山。

足パンパン。

今日はヤマドリご飯にしよう。

ただただ贅沢な1日に感謝。

冬のはじまり前のページ

雪猟のはじまり次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. ReBorn
  3. 六ノ里暮体験
  4. うちの兄妹
  5. お知らせ

関連記事

  1. Hunting

    鹿の発情期

    そろそろ山で鹿が鳴き始めています。秋から冬の入り口辺りまでが…

  2. Hunting

    足跡見せれど姿は見せず

    イノシシ。ただひたすらに捜索。雪の中を移動しまくって…

  3. Hunting

    珍獣系

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています相変わらずニホン…

  4. Hunting

    御用

    依頼のあった場所。長らくお待たせしてしまいましたが捕獲。…

  5. Hunting

    雪で狩る

    「雪があるところが獣の痕跡分かりやすいよね」ってことで雪があるところ…

  6. Everyday

    とある日常

    秋。暑い夏に身を潜めていた獣がよく動くこと。捕獲が盛…

Pick up

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    ビビッド
  2. Everyday

    たけのこ
  3. Everyday

    年越しの準備
  4. Hunting

    夏の餌付け実験その後
  5. Everyday

    里の初雪
PAGE TOP