Hunting

知恵比べかな

痕跡から物語を読む。

久方ぶりに何かが罠にかかった形跡が。

動きが無いからおかしいなと思いつつも、気をつけながら罠に寄る。

なんとまぁ、より戻しがブチ切れているじゃないか。

本来のより戻しはこんな感じ。

獣が暴れてワイヤーが一方向に回転しても、金具がクルクル回ってよりを戻してくれるという物。

実際これがないと、獣が暴れることでワイヤーに捻れが生じ、最悪ワイヤーが捻じ切れることも。

その役割を持つ金具そのものが切れてしまった今回。

今までで2回目。

何が罠にかかったのかはその場のみの痕跡ではイマイチ把握出来ず。

範囲を広げて考察する。

50mほど離れたところにニホンジカの新しい足跡を発見。

サイズからしてきっと大型の成獣、多分3段角の雄鹿だろう。

向かう先には餌付け実験中のヘイキューブと罠が。

だけども餌を食べた様子は見受けられず。

よく調べると餌付けの手前で道を外れて飛んでいる。

基本意味もなく獣が飛んで逃げることはなく。

多分だけど餌付けと罠に気付いたんじゃないかな。

歳をとった個体ほど賢いのは事実。

今まで生きてきた中で、仲間が罠に捕獲されるところきっと何回も見ているであろう。

過去には群れを引き連れた雄鹿が、獣道から外れた罠の発信機のついた木に反応。

しばらく発信機の手間で足踏みした後、群れを引き連れてUターンして引き返した事例もあり。

きっとこいつも餌付けの不審さに察したのかもしれない。

で、その先にはさっきのより戻しが外れた罠が。

大型成獣がかかって暴れて、上手く金具に力がかかってしまえば壊れることもあるってこと。

もちろん新品のより戻しであれば耐え切った可能性もあるけど。

そういえば前回より戻しが壊れた時も、痕跡は明らかに大型成獣だったかな。

まぁ逃げられたからには仕方がない。

運の良い奴。

また山で会おう。

餌付け考察と罠オーナー制度の終わり前のページ

ある意味の生きる術次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里暮体験
  2. SMOKED VENISON GIN
  3. シンプルイズ
  4. お知らせ
  5. 10th ANNIVERSARY

関連記事

  1. Hunting

    ハンターズブートキャンプ

    猪鹿庁プレゼンツ。今年も始動。…

  2. Hunting

    鹿の角

    鹿の角はオスにしか生えないって事は前から言っているけど、形や大きさは…

  3. Hunting

    順応とか適応とか

    この時期の新しく捲れる樹皮。嫌な痕跡。目に付くだけで…

  4. Everyday

    山行きの合間

    近くの道の駅「白尾ふれあいパーク」で催し物。お世話になってい…

  5. Hunting

    猟期目前

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。岐阜県は11月…

  6. Everyday

    心の触れ合い的な

    酒を飲むと記憶があやふやになるようになったこの頃。安心して楽…

Pick up

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    夏野菜
  2. Hunting

    大会前
  3. Hunting

    エンカウント
  4. Everyday

    花盛り
  5. Everyday

    手仕事の極み
PAGE TOP