Hunting

捕獲個体数

猟師をやっていると気になる数字の1つ。

中々納得いく数は獲れないし、もっと獲りたいなんて思う人も多いと思います。

「捕獲個体数 = 山へ入る時間 × 技術 × 生息個体数」

説明する時によく使う自己流の式。

と言うか多分これでしかない。

これに自分の狩猟スタイルを当てはめたら割と理解は早いかと。

山へ入る時間」

まずは基本中の基本。

そもそも獣がいる場所に行かずしてどうやって捕獲出来るのか。

だいたい捕獲数多い人は毎日山行ってます。

毎日行くから日々の獣の動きが見えてくる。

季節ごとの習性も感じるようになる。

更には年数重ねてより確かな知見となります。

技術」

どんなに毎日山に入っても技術無くして捕獲は出来ず。

現在捕獲頭数が多い方でもきっと今までそれ以上に取り逃しています。

悔しい思いを散々しています。

とは言え毎日山に入って自分の頭で考えて出たものは確実に自分の技術を上げてくれます。

獣の季節ごとの生活様式、時間帯での行動様式、走り方や逃げ方…

罠の取り扱い、銃の取り扱い。

色々な観点から技術は付いてくるのです。

とは言え達人になっても山に入らなきゃ獣は獲れません。

山に入って技術を上げて、その技術を持って山に行って捕獲。

要は獲りたければ山へ行けと言うこと。

「生息個体数」

ある意味一番大事かもしれない。

獣の生息個体数は地域によって差が激しいです。

どれだけ技術があって山に入っても獣がいなければ獲れない、と言う当たり前の話。

こればかりはどうにもならない。

ただ多かろうが少なかろうが、そのエリア内を更に細かく見れば獣の季節ごとの移動や時間帯、天候などでの変化が見えてきます。

うちのエリアは獣が少ないから獲れない。

そんな言葉を出してしまってはそれ以上技術は上がらないし、結果獲れない人になります。

言い訳を作って行動を止めた人の成長は無し。

これは猟師に限らず全ての事象で言えること。

もう一回言うなら、要は獲りたければ山へ行けと言うこと。

と言うか、もうこれは「捕獲個体数 = 山へ入る時間でしか無い気がする。

改めて住んでいる地域周辺の山を見てみる。

ここらの山は歩き倒したけど、霞んでいる辺りの山はまだ未踏。

とことん山に入ってまだまだスキルアップしてみせます。

ぼっこぼこ前のページ

未来作り次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. うちの兄妹
  3. 公開トレーニング
  4. 鹿ローストのサンド
  5. ReBorn

関連記事

  1. Hunting

    光学機器

    今年より初導入の光学機器。何がいいか悩んだ挙句、設置したのは…

  2. Everyday

    心の触れ合い的な

    酒を飲むと記憶があやふやになるようになったこの頃。安心して楽…

  3. Hunting

    くくるところ

    鹿や猪は片足に蹄が4本あります。メインを主蹄、少し後ろを副蹄…

  4. Hunting

    もう1つの愛用品

    私はナイフを2本愛用しています。1本については以前ブログでア…

  5. Hunting

    山歩くこと

    一言で猟師と言っても実際は色々あって。まず狩猟行為を行うには…

  6. Everyday

    GoPro

    購入。貧乏人は前世代のやつで。主には狩猟シーンの記録…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Cafe

    エスプレッソというもの
  2. Cafe

    エスプレッソのシロップ
  3. Hunting

    渡るところ
  4. Everyday

    七輪
  5. Everyday

    白尾山登山道
PAGE TOP