Hunting

猟期初旬

※この記事には凄惨な写真がアップされています

季節の割には気温の高い日が続く。

自分たちの住む岐阜県郡上市はそれなりに雪の積もるエリアで、冬となれば当然気温も低くなる。

雪が降るか、もしくは寒くて凍結するか、そんなラインでくくりわなは撤収する。

ワイヤーとバネのシンプルな構造のくくりわな。

獣が罠を踏み込んで発動するという仕組みである以上、雪が積もってしまえばまともにワイヤーも作動しない。

そして凍結してもワイヤーが張り付いてまともに作動しない。

今のところは問題なく作動しているけど、天気予報を見るとそろそろ気温、雪ともに怪しい日がチラホラ。

罠の撤収、そんなワードがぼちぼち頭によぎる。

現状でもくくりわなの設置数はマックスの半分ほどだけど、ぼちぼち撤去していくかな。

実際問題この時期からは銃での捕獲がメインだし。

効率面からも猟法(銃猟、罠猟)の移行する季節。

猟期に入って捕獲解禁のヤマドリ。

自分が狩猟を始めてから年々増えている気がする。

売買禁止になっている鳥だからこそ、食べれるのは捕獲者(と近しい人)のみ。

黄色い脂が乗った個体は最高かな。

イノシシを豚の天然バージョンとするならば、ヤマドリは鶏の天然バージョン。

控えめに言って最高。

今年は更に積極的に捕獲してどんどんストックしたい。

我が家には最高の、いや究極のジビエがたっぷり。

そこはハッキリと自負しています。

守備の観点から前のページ

継続と課題次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里暮体験
  2. シンプルイズ
  3. SMOKED VENISON GIN
  4. 六ノ里の蔵開き
  5. 10th ANNIVERSARY

関連記事

  1. Hunting

    本能の秋

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています美味しい木の実も…

  2. Cafe

    今とこれから

    秋の空気が漂う中、そろそろ獣も活発になるかと思った最中の大雨。…

  3. Hunting

    この頃の山事情

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています最近は全くもって…

  4. Hunting

    もう1つの愛用品

    私はナイフを2本愛用しています。1本については以前ブログでア…

  5. Hunting

    心舞い踊る

    山をひたすらに歩き、本能を揺さぶった2日間。…

  6. Hunting

    良き塩梅を探る

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています過日。生…

Pick up

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    高知城
  2. Hunting

    歩くことと考えること
  3. Cafe

    10th ANNIVERSARY
  4. Hunting

    ワクチン投与と捕獲
  5. Everyday

    後半戦
PAGE TOP