Everyday

継続と課題

六ノ里の名物と言っても良い嘉喜踊り(かきおどり)。

最後に唄い舞われたのは二十数年前。

どこよりも良い唄で、どこよりも大きな竹刀を背負い振るう自慢の伝統。

地域のお祭りで披露されるこの舞踊も、ここまで実施されないと継承されるわけもなく。

このままでは寂しいと地域の有志で集まっての継承会第1回目。

集まった中にはそもそも祭りを見たこともないという人もチラホラ。

お祭りごともそろそろ実施しないと完全に内容が失われる状況が見えてきた。

このところで風流踊りがユネスコの無形文化財遺産に認定された。

とても素晴らしい事だけど、コメントを発したとある関係者の言葉が心に刺さる。

「喜ばしいことではあるが、この少子高齢化の中どうこれを維持していくのか…」

文化が認められて記録されることは良いことだが、結局のところは現場で誰がどうやってこれを維持していくのか。

素晴らしい、だけでは片付けられない問題。

誇りとしんどさが両立する部分は正直大きいと思う。

六ノ里の場合は継続までもいかず、まずはどう再開するのか。

時代も変わり誇りはただの埃に。

地域愛、いつから皆の心から抜けてしまったのだろう。

本質から外れ、捻じ曲がってしまった合理主義。

高度成長期、貨幣社会、あの時代の深い傷跡は今まさにその部分に重くのしかかっているのではないだろうか。

一旦時代の洗脳から心を解き放ち、各個が自分らしく生きられるようになったら良いのにな。

六ノ里はそんな土地になれるよう行動していきたい。

どれだけ地味でも。

猟期初旬前のページ

年越しに向けて次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. お知らせ
  3. うちの兄妹
  4. 六ノ里暮体験
  5. SMOKED VENISON GIN

関連記事

  1. Cafe

    庭づくり

    カフェの開業時以来手抜きになっていた庭づくり。ここのところの…

  2. Everyday

    食の里

    六ノ里での美味しい食三昧。ダンスを極めた男はカレーを極めんと…

  3. Everyday

    謹賀新年

    年末。年越し。新年。ゆく年くる年。…

  4. Everyday

    SURVIVE

    ランクルズのイベント「SURVIVE〜山で生き抜け〜」参加者…

  5. Everyday

    子供達の夏

    六ノ里のふくもち園にて。子供達の水パーティ。…

  6. Everyday

    原始的

    夕暮れ。熱意が溢れる農家の作業は日が暮れて視界が無くなるまで…

Pick up

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
パタゴニア

Link




  1. Hunting

    大雨のち
  2. Hunting

    脂落ち
  3. Cafe

    店舗休業延長
  4. Everyday

    平谷の縁日
  5. Everyday

    クレイジーな奴ら
PAGE TOP