Hunting

日々日常

※この記事には凄惨な写真がアップされています。

この時期の狩猟は多人数での共猟が多い。

だからこそ普段入らない山も入るし、奥深い山にも攻め入ることも多々ある。

協力し合うということで単独猟には無い楽しみと効率性が生まれる。

忘れられた峠越えの道。

お地蔵様なのか、はたまた道祖神と言うべきか。

山越えして歩いていると結構見かける機会がある。

昔はきっと頻繁に人が通ったのであろう。

最近の物ではあるけれど使われていない箱罠。

餌付けをして獣を寄せ、最後は檻を落として閉じ込めて捕獲するもの。

これもまたとんでもないくらい山奥に置いてあるものもちょくちょく見かける。

こんな奥まで通って餌付けして見回りしているのかと思うと純粋に驚く。

自分の行う守ための捕獲ではなく、食べるため、生きるための捕獲だったのだと思われる。

多人数でのグループ猟(巻狩)となると猟犬を使う機会も出てくる。

犬がいれば鼻が効き効率よく獣を追い出すことが出来る。

人間が歩いて追い出すより圧倒的に早い。

あとの捕獲は狩猟者の腕次第。

超絶非日常。

気がつけばそれが自分の日常。

徐々に新しい仲間も増えつつ…また今年の猟期はどんな面白い冒険が出来るのだろうと楽しみでならない。

無事に猟期を終えれるよう頑張りたいと思う。

秋終冬始前のページ

ビビッド次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. うちの兄妹
  2. シンプルイズ
  3. 鹿の蒸留酒
  4. 六ノ里の蔵開き
  5. お知らせ

関連記事

  1. Hunting

    渡るところ

    春先のニホンジカは新芽が豊富な里山の田畑に集中します。個体の…

  2. Hunting

    久々忍ぶ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています世間的に大雪と呼…

  3. Hunting

    猟期目前

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。岐阜県は11月…

  4. Hunting

    ウマイヤツ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。イノシシ一団。…

  5. Hunting

    くくるところ

    鹿や猪は片足に蹄が4本あります。メインを主蹄、少し後ろを副蹄…

  6. Hunting

    非日常的

    日焼けするほどの眩しい奥山をスノーモービルでライド。郡上市の…

Pick up

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Cafe

    真っ当に
  2. Everyday

    フェイクサマー
  3. Everyday

    外飯
  4. Everyday

    餅つき2020
  5. Cafe

    7月のNATURAL KEDI
PAGE TOP