Hunting

カンジキ

※この記事には凄惨な写真がアップされています。

前回の反省を踏まえカンジキ導入。

浮力はだいぶ向上したものの、やはり深雪は移動が大変。

実はそれは獣も同じで、むしろ彼らはカンジキなんか履けないから思い切り沈むわけで。

となれば雪を歩く工夫をした上で、日々の状況と経験で獣のいる場所の想定がつけば超有利になる。

朝一。

一人で山歩いていてもこんな事が普通に起きる。

特に忍んでもいないのに。

大事なのは見切り方。

そして深雪の中そこまで行くという覚悟。

大抵の猟師は獲れない可能性、獲れても搬出する大変さを加味して山に入らないんでしょうけどね。

自分には関係無いです。

今回悩んだ挙句に選択したカンジキ。

先輩猟師の鉄工所が作るアルミ製のワカン。

普通履きの大きいタイプとスノーモービル運用時に使う細いタイプ。

猟師という特性上山での移動は3D。

上下左右の移動が多い山は踵が浮くタイプは辛い(北海道のような平原が多いところはスノーシューが良いかも)

ワカンでも色々なタイプが出ているけれど、これに決めた理由は丈夫だということ。

自分の場合使用頻度が極限なので大事なものは丈夫な物でありたい。

一般的な良質で長く使えると言われるアウトドアメーカーの物でも自分の場合半年で壊れ始める。

アルミ製カンジキなら相当使えることを期待したいです。

何より猟師が猟師のために作ったやつですからね。

降雪時のマストアイテム。

今日も明日もこれ履いて頑張ります。

ラッセルハント前のページ

ウマイヤツ次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. SMOKED VENISON GIN
  2. ReBorn
  3. お知らせ
  4. シンプルイズ
  5. 六ノ里の蔵開き

関連記事

  1. Hunting

    変化と変遷

    足跡。雪も少なくなり、こうやってハッキリ見れるのももうじき終…

  2. Cafe

    季節も変わり

    梅雨明けて夏入り。そしていきなりの猛暑日。…

  3. Hunting

    狩猟者的日常

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています罠にてキツネ。…

  4. Everyday

    ゆらぎ

    冬と言えばの薪ストーブ。この11月は何だか暖かい日が多けど、…

  5. Hunting

    雪猟のはじまり

    ※この記事には凄惨な写真がアップされていますまずは寒波1発目…

  6. Hunting

    振り返りと決意

    ここらの地域ではオス鹿の発情期が過ぎたかなと言ったところ。夏…

Pick up

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
パタゴニア

Link





  1. Everyday

    day off
  2. Cafe

    NATURAL KEDI
  3. Cafe

    カフェのこの頃
  4. Cafe

    六ノ里のカフェ
  5. Everyday

    小さな運動会
PAGE TOP