Hunting

余韻と

少し降った粉雪。

こうやってサラサラの雪の上を歩くことは今年はもう無いかも。

毎度毎度のこの足元の絵もこれで終わりかな。

俗に言う新品の足跡。

ついさっき、獣がここにいたんだろうなぁってログ。

これは雪が降るエリアならではの楽しみ。

今年はもう見ることも無い?減る?だろう。

今年は本当に雪が少なかった。

狩猟的には結果として最低な形の雪の振り方。

自分的には昨年の獲れ高半分。

よって冬の狩猟の収入半減。

これが自然を相手にすると言うこと。

農業、漁業も同じだね。

現状目の前の捕獲収入は落ちるものの、先に向けて準備中。

常に前を向いて、上を向くよう意識して生きています。

ともあれ暖かい日も増えてきている。

ぼちぼち外飯の時期。

まずは冬の間お疲れ様でした。

春、気持ちも新たに。

新年度突入。

色々挑戦のタイミング。

オンリーワン前のページ

大狩猟大会的な次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. SMOKED VENISON GIN
  3. ReBorn
  4. うちの兄妹
  5. 六ノ里暮体験

関連記事

  1. Hunting

    闇も書き捨て

    多々思うところあり。というか愚痴。前回の記事でサラッ…

  2. Hunting

    足跡見せれど姿は見せず

    イノシシ。ただひたすらに捜索。雪の中を移動しまくって…

  3. Hunting

    ある意味の生きる術

    お盆の連休を活かした猪鹿庁主催の狩猟スタートダッシュ講座。自…

  4. Hunting

    人とか生き物とか

    大雨後の山。…

  5. Hunting

    生きる糧

    「この記事には凄惨な写真がアップされています」って書いていたのも今は…

  6. Hunting

    振り返りと決意

    ここらの地域ではオス鹿の発情期が過ぎたかなと言ったところ。夏…

Pick up

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
パタゴニア

Link




  1. Hunting

    ハンターズブートキャンプ罠猟編
  2. Everyday

    量と質
  3. Everyday

    ピクニック的な
  4. Everyday

    愚直一直線
  5. Hunting

    獲って食う
PAGE TOP