Hunting

罠ガール

※この記事には凄惨な写真がアップされています

最近の朝の見回りに同行する子。

自分で食を得ることに興味がありそうな雰囲気。

ここのところで罠猟の試験を受けたそうな。

結果は如何に!?

捕獲から解体まで。

自分について回るのであればリアルな現場感で伝えたい。

山を歩くこと、捕獲すること、殺すこと、奪った命を頂くこと。

捕獲の方法による肉への損傷なんかも、解体をやってこそ気付くこと。

獣害から自然の恵みへと返還するならばどうすべきなのか。

少しずつで良いので感じてください。

豚熱はまだまだくすぶっているけど、間違いなく痕跡が増えているイノシシ。

捕獲数も少しずつ増えて、いや、戻ってきてます。

獣害は防がなくちゃいけないけど、捕獲したいのは今の時期じゃないのだよ。

やっぱり脂が乗った冬の入口。

害は増えてはダメだけど、数は増えて欲しいという矛盾の生物。

もう2ヶ月ほどしたらお会いしましょう。

全力で捕獲に行きます。

業務連絡前のページ

固定概念をぶっ壊せ次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里暮体験
  2. うちの兄妹
  3. ReBorn
  4. 10th ANNIVERSARY
  5. シンプルイズ

関連記事

  1. Hunting

    大義名分とか

    ダラダラと最近は草木の葉も落ち、山の中の視界は良好。…

  2. Hunting

    本能をくすぐる

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています知識欲。…

  3. Everyday

    SMOKED VENISON GIN

    捕獲、解体、精肉、燻製、蒸留。写真、コラージュ、デザイン。…

  4. Hunting

    獲って食う

    雪がある時は車で移動して足跡探すことが多いかな。そうすること…

  5. Hunting

    ウマイヤツ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。イノシシ一団。…

  6. Hunting

    雪少なしの冬

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています雪が無い。…

Pick up

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
パタゴニア

Link




  1. Hunting

    脂落ち
  2. Everyday

    桜前線
  3. Hunting

    戦闘準備
  4. Everyday

    実験的
  5. Hunting

    クラウドなハンターの終わり
PAGE TOP