Hunting

罠ガール

※この記事には凄惨な写真がアップされています

最近の朝の見回りに同行する子。

自分で食を得ることに興味がありそうな雰囲気。

ここのところで罠猟の試験を受けたそうな。

結果は如何に!?

捕獲から解体まで。

自分について回るのであればリアルな現場感で伝えたい。

山を歩くこと、捕獲すること、殺すこと、奪った命を頂くこと。

捕獲の方法による肉への損傷なんかも、解体をやってこそ気付くこと。

獣害から自然の恵みへと返還するならばどうすべきなのか。

少しずつで良いので感じてください。

豚熱はまだまだくすぶっているけど、間違いなく痕跡が増えているイノシシ。

捕獲数も少しずつ増えて、いや、戻ってきてます。

獣害は防がなくちゃいけないけど、捕獲したいのは今の時期じゃないのだよ。

やっぱり脂が乗った冬の入口。

害は増えてはダメだけど、数は増えて欲しいという矛盾の生物。

もう2ヶ月ほどしたらお会いしましょう。

全力で捕獲に行きます。

業務連絡前のページ

固定概念をぶっ壊せ次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. お知らせ
  2. うちの兄妹
  3. SMOKED VENISON GIN
  4. 六ノ里暮体験
  5. シンプルイズ

関連記事

  1. Hunting

    闇も書き捨て

    多々思うところあり。というか愚痴。前回の記事でサラッ…

  2. Hunting

    ワクチン投与と捕獲

    ここのところのイノシシ事情。明らかに痕跡多数。…

  3. Everyday

    本能をくすぐる

    田舎のもてなし。狩猟者として食べてほしい飯。調理の専…

  4. Hunting

    秋深まり

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。今年はドングリ…

  5. Hunting

    いつかのいつもの話

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています捕獲をするという…

  6. Hunting

    知恵比べ

    日増しに獣害対策依頼が増えている。自身の忙しい状況は依然変わ…

Pick up

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
パタゴニア

Link




  1. Hunting

    罠オーナー募集
  2. Hunting

    変化と変遷
  3. Hunting

    カンジキ
  4. Hunting

    大会前
  5. Everyday

    選別作業
PAGE TOP