Hunting

念願

※この記事には凄惨な写真がアップされています。

ここのところで徹底的に探し回ってようやく捕獲。

イノシシのメス、成獣。

イノシシは秋から冬の入り口までに脂を溜め込みます。

私たちの地域は雪が降ることもあり、餌を食べ辛くもなりそしてそもそも餌も減る。

だからその後は顕著に痩せていく。

なんとか今捕獲したい。

しかもここ数年は豚熱で頭数も激減している。

なので新しい痕跡を見つければ必死になるのは当たり前。

猟師なら。

この1週間、イノシシの痕跡を見つけては追跡すること数十キロ。

気合と根性の追跡劇。

その上での今回の捕獲個体の状態は上物。

超感謝。

皆で協力して解体。

今年はまだ豚熱の影響も残り、イノシシの食利用は自家消費のみ。

申し訳ありませんが自分達のみで食させていただきます。

この解体をしたのは捕獲から数日後ですが、捕獲のその日のうちにハツ(心臓)と網脂(腹の脂肪)を白菜と合わせて汁物に。

クソ美味えじゃないか。

臭みなんか無く、口に広がる脂の甘み。

それでいてさっぱりしていてどれだけでもイケる。

ハツの食感も良好。

本当にありがたい。

これが自然の恵だと思うとなお一層。

家畜と違い個体差が激しい自然の生き物。

その中でも上物は家畜の質を遥かに上回ります。

天然のオーガニックフードとも言える獣肉。

是非一度食べてもらいたいです。

いつか郡上のイノシシが一般的に食べれるようになったらご賞味ください。

先輩猟師が営むジビエITAYAは日本猪祭りで優勝した食肉処理場です。

味の良さは証明済み。

大事なのは個体差もそうだけど、解体の処理技術。

不味い獣肉は処理した人のレベルが低いだけです。

美味しいのですよ、獣肉は。

前のページ

新年次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. ReBorn
  2. 公開トレーニング
  3. 7月のNATURAL KEDI
  4. 鹿ローストのサンド
  5. 六ノ里の蔵開き

関連記事

  1. Hunting

    狩ること

    狩猟とは。最近頭の中がグルングルンする。そもそもは生…

  2. Hunting

    非日常的

    日焼けするほどの眩しい奥山をスノーモービルでライド。郡上市の…

  3. Everyday

    鹿肉と低温調理

    鹿肉って本当に美味しいのにその味はまだまだ知られていない。野…

  4. Hunting

    コール猟

    暑い夏も徐々に過ぎて涼しくなり始めました。去年はドングリ等獣…

  5. Everyday

    共生

    圃場で野菜達と触れていると色々な生き物を見る。アブラ…

  6. Hunting

    緑もりもり

    冬に葉が落ちハゲた山も、5月に入り緑で溢れました。なんと言う…

Pick up

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Hunting

    大雨のち
  2. Cafe

    嗜好と至高
  3. Everyday

    前へ前へ
  4. Hunting

    罠バレる
  5. Hunting

    恥は書き捨て
PAGE TOP