Hunting

念願

※この記事には凄惨な写真がアップされています。

ここのところで徹底的に探し回ってようやく捕獲。

イノシシのメス、成獣。

イノシシは秋から冬の入り口までに脂を溜め込みます。

私たちの地域は雪が降ることもあり、餌を食べ辛くもなりそしてそもそも餌も減る。

だからその後は顕著に痩せていく。

なんとか今捕獲したい。

しかもここ数年は豚熱で頭数も激減している。

なので新しい痕跡を見つければ必死になるのは当たり前。

猟師なら。

この1週間、イノシシの痕跡を見つけては追跡すること数十キロ。

気合と根性の追跡劇。

その上での今回の捕獲個体の状態は上物。

超感謝。

皆で協力して解体。

今年はまだ豚熱の影響も残り、イノシシの食利用は自家消費のみ。

申し訳ありませんが自分達のみで食させていただきます。

この解体をしたのは捕獲から数日後ですが、捕獲のその日のうちにハツ(心臓)と網脂(腹の脂肪)を白菜と合わせて汁物に。

クソ美味えじゃないか。

臭みなんか無く、口に広がる脂の甘み。

それでいてさっぱりしていてどれだけでもイケる。

ハツの食感も良好。

本当にありがたい。

これが自然の恵だと思うとなお一層。

家畜と違い個体差が激しい自然の生き物。

その中でも上物は家畜の質を遥かに上回ります。

天然のオーガニックフードとも言える獣肉。

是非一度食べてもらいたいです。

いつか郡上のイノシシが一般的に食べれるようになったらご賞味ください。

先輩猟師が営むジビエITAYAは日本猪祭りで優勝した食肉処理場です。

味の良さは証明済み。

大事なのは個体差もそうだけど、解体の処理技術。

不味い獣肉は処理した人のレベルが低いだけです。

美味しいのですよ、獣肉は。

前のページ

新年次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 7月のNATURAL KEDI
  2. シンプルイズ
  3. ReBorn
  4. 鹿ローストのサンド
  5. 六ノ里の蔵開き

関連記事

  1. Hunting

    食み跡

    私の住む岐阜県は豚コレラ(CSF)の発生県となっています。発…

  2. Hunting

    獣と道

    猟法の1つわな猟。更にはわな猟の中の1つ「くくりわな」…

  3. Cafe

    ReBorn

    節目を感じて色々思うところもありブログサイトを新規に始めます。 …

  4. Hunting

    狩猟トーク

    Gu-niにて。始めている人とこれから始める人。色々…

  5. Everyday

    ライフル競技

    ビームライフル。銃からレーザーを照射。その当たる位置…

  6. Hunting

    山歩くこと

    一言で猟師と言っても実際は色々あって。まず狩猟行為を行うには…

Pick up

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    共生
  2. Hunting

    食み跡
  3. Everyday

    百花繚乱
  4. Hunting

    全力前進
  5. Cafe

    ハサミモノ
PAGE TOP