Hunting

ヌタウチ

沼田場(ヌタ場)

水が貯まりやすく泥状になっている場所で、野生生物が水を飲んだり、泥浴びしたりするところ。

派手にぐちゃぐちゃにするのはイノシシで、体に付着したダニなどを落としたりする時に使う模様。

見た目の派手さがあるのでヌタ場=イノシシのイメージが強くなりがちだけど、大きな雄鹿もまたヌタ場で泥浴びをします。

実際捕獲した個体から分かるのは、ニホンジカの中でも大きな雄鹿はやたらダニの付着が多い。

やはり付着したダニなんかを落とすために泥場に来るのだろうか。

ただ、いつも感じるのはオスの鹿が使ったヌタ場はちょっと綺麗。

綺麗って何よ?って思うかもしれないんだけど、イノシシと比べると分かりやすい。

イノシシは泥浴びしたなぁって感じのぐちゃぐちゃ感なんだけど、鹿の場合は泥で座った跡がある程度。

だから綺麗に体毛の跡も残っている。

猪と比べると足の長さもあり角もある。

と思えば激しくゴロゴロ出来ないのも分からなくも無い。

そして実際これを見るのはいつもこの時期。

繁殖期とも関係しているのかな?と思って調べてみればやはり関係ありのよう。

この時期の大きい雄鹿は繁殖期で独特の匂いプンプンなんだけど、その臭いを泥に混ぜて泥浴びし、更に全身に強く臭いをまとわせているのだそう。

これもまた縄張り主張のためということか。

9月後半はコール猟で反応は良好でしたが、ここのところまた山は静かに思います。

雄鹿の匂いを感じることも少ない。

台風のせいかな?中休み??

たまたま通う山がそうなだけ?

人間とは全く違うので不思議が多く興味深い。

まだまだ知らない生態がありそうなので、もっともっと山へ入って研究してみたいと思います。

小さな運動会前のページ

バッドアドバイザー次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. ReBorn
  3. お知らせ
  4. シンプルイズ
  5. うちの兄妹

関連記事

  1. Hunting

    雪よ積もれ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。苦手な方はこれ…

  2. Hunting

    狩猟トーク

    Gu-niにて。始めている人とこれから始める人。色々…

  3. Hunting

    猟法の切り替わり

    寒い。朝の冷え込みが体に応えます。現在の山行きルーテ…

  4. Hunting

    非日常的

    日焼けするほどの眩しい奥山をスノーモービルでライド。郡上市の…

  5. Hunting

    共存と排他

    ※この記事には凄惨な写真がアップされていますここのところグル…

  6. Hunting

    久々忍ぶ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています世間的に大雪と呼…

Pick up

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    神水域で
  2. Everyday

    SEASON3
  3. Everyday

    冬のルーティン
  4. Hunting

    お久しぶりの
  5. Everyday

    表現すること
PAGE TOP