Hunting

ヌタウチ

沼田場(ヌタ場)

水が貯まりやすく泥状になっている場所で、野生生物が水を飲んだり、泥浴びしたりするところ。

派手にぐちゃぐちゃにするのはイノシシで、体に付着したダニなどを落としたりする時に使う模様。

見た目の派手さがあるのでヌタ場=イノシシのイメージが強くなりがちだけど、大きな雄鹿もまたヌタ場で泥浴びをします。

実際捕獲した個体から分かるのは、ニホンジカの中でも大きな雄鹿はやたらダニの付着が多い。

やはり付着したダニなんかを落とすために泥場に来るのだろうか。

ただ、いつも感じるのはオスの鹿が使ったヌタ場はちょっと綺麗。

綺麗って何よ?って思うかもしれないんだけど、イノシシと比べると分かりやすい。

イノシシは泥浴びしたなぁって感じのぐちゃぐちゃ感なんだけど、鹿の場合は泥で座った跡がある程度。

だから綺麗に体毛の跡も残っている。

猪と比べると足の長さもあり角もある。

と思えば激しくゴロゴロ出来ないのも分からなくも無い。

そして実際これを見るのはいつもこの時期。

繁殖期とも関係しているのかな?と思って調べてみればやはり関係ありのよう。

この時期の大きい雄鹿は繁殖期で独特の匂いプンプンなんだけど、その臭いを泥に混ぜて泥浴びし、更に全身に強く臭いをまとわせているのだそう。

これもまた縄張り主張のためということか。

9月後半はコール猟で反応は良好でしたが、ここのところまた山は静かに思います。

雄鹿の匂いを感じることも少ない。

台風のせいかな?中休み??

たまたま通う山がそうなだけ?

人間とは全く違うので不思議が多く興味深い。

まだまだ知らない生態がありそうなので、もっともっと山へ入って研究してみたいと思います。

小さな運動会前のページ

バッドアドバイザー次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 7月のNATURAL KEDI
  2. ReBorn
  3. うちの兄妹
  4. 鹿ローストのサンド
  5. 六ノ里の蔵開き

関連記事

  1. Hunting

    罠オーナー募集

    猪鹿庁プレゼンツ。罠オーナーを募集します!オーナー希…

  2. Hunting

    ハンティングスクール長野

    長野県主催のハンティング講座。「ハンティングスクール長野」…

  3. Hunting

    罠のメンテナンス

    土中に埋めて使うのが「くくりわな」色々な材質のものがあるけど…

  4. Hunting

    もがいて伸びる

    猟期も後半戦。最初はまとめて雪が降ったものの、その後はほぼ降…

  5. Everyday

    謝肉祭なるもの

    まずは、猪鹿庁の罠オーナー制度に参加の皆様、本当にありがとうございま…

  6. Hunting

    鹿の角

    鹿の角はオスにしか生えないって事は前から言っているけど、形や大きさは…

Pick up

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Cafe

    ラオス会議
  2. Everyday

    FUJIFILMがやってきた
  3. Everyday

    百花繚乱
  4. Cafe

    シンプルイズ
  5. Everyday

    地域の笑顔
PAGE TOP