Hunting

もう1つの愛用品

私はナイフを2本愛用しています。

1本については以前ブログでアップしたとおり。


 

もう1本は頂き物で主に肉の解体に使用しています。

このナイフとの出会いはちょっと特殊。

かの有名な関の刀匠の人や関係者の中でナイフの愛好会なるものがあるそうで。

その方達がたまたまお世話になっている食肉処理場へ視察にきていたのです。

自分たちが仕上げたナイフを実際の現場の人に使ってもらって感想を聞きたいという趣旨からの訪問。

その時たまたま鹿を搬入した自分。

解体にするにあたって皆さんこぞってナイフを貸してくれました。

色々な形状のナイフ達。

全ての切れ味が異常でスパスパ状態。

まったく力がいらず、そっとなぞるだけで切れる。

あとは自分から狩猟現場でナイフを使う場合の形状による用途の違い等をフィードバック。

その時のお礼にと刀匠の方がこのナイフくれたんです。

お手製の1本もの。

もしかしてとんでもない物じゃないのかなと思いつつ、今ではありがたく活用させてもらっています。

これが本当に使いやすく、切れ味も抜群、そして研ぎやすい。

これが職人技というやつか…

大雨も過ぎ、あと少しで梅雨も明けそうな予感。

晴れ間もぼちぼち見れるようになりました。

今年も暑い熱い夏が来そうです。

猟師にとっては気合と根性の時期ですが、自分も職人目指して頑張りたいと思います。

依頼前のページ

節目次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. 鹿の蒸留酒
  3. 六ノ里の蔵開き
  4. うちの兄妹
  5. ReBorn

関連記事

  1. Everyday

    ライトなサバイバル

    本能を研ぎ澄まし色々感じるために野営。六ノ里某所にて。…

  2. Hunting

    解体三昧

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。狩猟三昧とくれ…

  3. Hunting

    全力前進

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。梅雨時期は雨の…

  4. Hunting

    秋深まり

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。今年はドングリ…

  5. Hunting

    精肉過程

    捕獲個体の内臓を抜き皮を剥ぐ。その後に大きな部位ごとに解体。…

  6. Hunting

    ヌタウチ

    沼田場(ヌタ場)水が貯まりやすく泥状になっている場所で、野生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Comment

パタゴニア

Link





  1. Hunting

    狩り深まり
  2. Everyday

    モノクローム
  3. Hunting

    境界線
  4. Everyday

    六ノ里棚田にじいろプロジェクト2021
  5. Everyday

    感謝の相互
PAGE TOP