Hunting

猟欲食欲

※この記事には凄惨な写真がアップされています

ヤマドリ。

狩猟鳥獣で冬の猟期のみ捕獲出来る鳥。

簡単に表現するなら天然の鶏。

豚の上位互換がイノシシならば、鶏の上位互換がヤマドリ。

自然色。

ナチュラルカラー。

色合いが良いよね。

散弾で撃つ。

黄色いのが脂。

未熟者の自分は全身に被弾。

技術が有るならば距離を判断して弾の散らばり具合を計算。

その上で上部、ネック、ヘッドのみに弾を当てれればベスト。

全身被弾のこの状態では可食部が減る上に内臓にもダメージ。

臭みが付く場合も。

上手くボディへの被弾を無くせば骨を煮込んでヤマドリでガラスープも出来ます。

これがまた香りも芳醇で美味しいの。

余剰は真空パックで保管。

猟期しか獲れないヤマドリ。

息子の大好物のヤマドリ。

通年して食べるために冷凍庫へ。

まだまだ足りない。

先日捕獲のイノシシ。

鼻が可愛い。

いつも写真に撮ってしまう。

これで土を掘り岩をどかす。

凄い鼻。

逃げるイノシシ。

初弾は背後から背ロースへ。

次弾はバイタル(胸部)へ。

それでも飛び出すイノシシに止めのネック(頸椎?胸椎?)被弾。

鹿と比べて本当にタフ。

ちなみに熊ともなると1発で中枢神経を撃ち抜かないと自身がやられる確率高いです。

たまらない。

美味そうでしかない。

解体後は仲間とつまみ食い。

背ロースの焼き肉。

最高。

道具さえあれば、とりあえず食料供給が無くなっても生きていけるな。

食が確保されているという安心感。

生活の一部に第一次産業を取り込む日々。

そうすることで生活の質、QOLは高まると思いますよ。

半農半X。

半猟半X。

おすすめの生き方です。

ある日の犬猟前のページ

奪う意味次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. ReBorn
  3. 六ノ里暮体験
  4. 10th ANNIVERSARY
  5. シンプルイズ

関連記事

  1. Everyday

    トルヒトの日常

    久々の雨、からの翌日。なめこちゃん。やっぱり出てた。…

  2. Hunting

    クラウドなハンターの終わり

    猪鹿庁のクラウドハンター、里山の獣害対策編。獣害に困る里山に…

  3. Hunting

    擬音語的な

    ドンドン、デンデンとか。こういう獣の足跡がつき過ぎて真っ黒に…

  4. Hunting

    山の鳥

    雨降りは獣が動く。なんてワードをよく聞きますが、猟師のみなさ…

  5. Hunting

    雪で狩る

    「雪があるところが獣の痕跡分かりやすいよね」ってことで雪があるところ…

  6. Hunting

    たまにはスマホで

    カメラ、重過ぎ問題。今日も気合いで背負い、腰〜胸辺りまである…

Pick up

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
パタゴニア

Link




  1. Hunting

    足跡見せれど姿は見せず
  2. Hunting

    穴探し
  3. Everyday

    苗づくり
  4. Hunting

    検査
  5. Everyday

    ただいま成長中
PAGE TOP