Hunting

擬音語的な

ドンドン、デンデンとか。

こういう獣の足跡がつき過ぎて真っ黒になっているような獣道。

各地の猟師の皆さんは何と表現するのだろう。

おい、ここめちゃくちゃドンドンにしとるぞ!とか言ったりします?

表現は人それぞれ。

面白い擬音語募集します。

さて、このドンドンの獣道。

この日は低所から先輩猟師が獣を追い出し、尾根の上で自分が狩り尽くす作戦。

モービルで音を出し、声を上げ頑張る先輩。

がしかし獣は上がって来ず。

降り出す雨。

そこで先輩から雨も降るしもう引き上げるぞー!との連絡。

うーむ、でもこれ絶対いるんじゃね?と思い、尾根を下りながら狩って良いかと自分から連絡。

良し、それならどこでも迎えに行くから降りてこいと先輩。

途中状況を連絡すれば、それなら俺はあそこの谷で待つと先輩より返事。

最後はぞろぞろと三段角のデカイ雄鹿達を追い出し先輩が御用。

ナイス連携。

始めた頃は先輩猟師の言うがまま。

意味もわからずその通りしか出来ませんでした。

でもその後は状況判断の力も随分上がり、作戦通りじゃなくても現場判断で良い結果を出せるようになってきました。

ただそこまでの判断は職としてやるくらい山通って、更には自身で自然から学び取れないと難しいとも思います。

現状職業猟師って絶望的なくらいハードモードなんだけど、これからのためにそう言う環境を作って示していくのも大事なこと。

少しずつでも良い方向に風向きを変えれるよう行動するのはきっと自分達の役目。

徐々に徐々に。

時代の必要性にあった猟師の立ち位置を確立できたらと強く思うばかり。

クラブハウスってアプリ前のページ

もがいて伸びる次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. お知らせ
  2. シンプルイズ
  3. うちの兄妹
  4. 六ノ里の蔵開き
  5. 鹿の蒸留酒

関連記事

  1. Everyday

    ライトなサバイバル

    本能を研ぎ澄まし色々感じるために野営。六ノ里某所にて。…

  2. Cafe

    鹿ローストのサンド

    良い肉が手に入りました。自分で山に行き鹿を捕獲。その…

  3. Hunting

    スランプ

    ピンチである。6日間連続で獣の捕獲ならず。2年ぶりく…

  4. Hunting

    夏の鹿

    猟期は冬のみ。猪なんかは「猟期に入った頃が一番脂が乗って美味…

  5. Hunting

    転換

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています岐阜県森林文化ア…

  6. Hunting

    狩って食べて

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています日の出から山にい…

Pick up

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    GoPro
  2. Cafe

    7月のNATURAL KEDI
  3. Hunting

    擬音語的な
  4. Everyday

    教育
  5. Everyday

    在宅ワーク的な
PAGE TOP