Hunting

waiting…

狩猟の絶好チャンスの数日間。

狩りにも行けず悶々と。

せめて今出来ることをやるべし。

ということで銃のメンテナンス。

訳も分からず分解した最初。

繰り返すうちに自然と構造も頭に入り、各部品の意味も勝手に理解。

自分が保持している銃は散弾銃の中でも自動銃と呼ばれるタイプ。

レミントン1100L Tのサイズは20番。

今でこそ慣れたものの、当初はメンテナンス中によく指切って出血。

この銃、所々に非常に鋭利な部分があるんです。

保持される予定の方は気をつけてください。

自動銃は3発連続で撃てるという利点はあるものの、機関部が外部に近いところにあると言うこともありゴミがよく付着してしまう。

当然ゴミが溜まれば作動不良のもと。

なのでメンテナンスが頻回に必要というところは明確なデメリット。

毎回くどいくらい言うけど山をガシガシ歩くタイプで、更にズボラな人は自動銃じゃなく上下二連銃をオススメします。

2連発になってはしまうけど、メンテナンスは楽だし現場トラブルも少ないです。

大丈夫。

初弾で当ててしまえばどうという事はない。

銃身内部。

弾頭の金属のカスや火薬の汚れが溜まりやすい。

サビ等劣化防止のためにも定期的にオイルとブラシで掃除しましょう。

光学機器。

ドットサイト。

赤点を標的に合わせて引き金を引く。

アイアンサイトより早く標準を合わせれるのがメリット。

デメリットはそもそも光学機器のゼロインがズレていたら無用の長物と化すこと。

取り付けがガタガタだったり、どこかにぶつけたりで狂ったりします。

あとそもそも弾を撃ちすぎると狂います。

なので自身の使用量に合わせて定期的にゼロインしましょう。

寿命は長いけど電離残量にも注意。

結局未だに銃1本で奮闘中。

理想は上下2連とボルトアクションの2丁を追加したい。

がしかし、貧乏猟師には中々手が出ない…というか今の愛銃でやり切れてしまっているのが大きな理由かも。

いつか、いつの日か…銃を増やす。

ハート前のページ

追い込みの初日次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. お知らせ
  3. ReBorn
  4. うちの兄妹
  5. 鹿の蒸留酒

関連記事

  1. Hunting

    夏の鹿

    猟期は冬のみ。猪なんかは「猟期に入った頃が一番脂が乗って美味…

  2. Hunting

    頑張る犬と反省する人

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています猟犬シロ。…

  3. Hunting

    雄鹿捜索隊

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。コール猟と呼ば…

  4. Hunting

    くくるところ

    鹿や猪は片足に蹄が4本あります。メインを主蹄、少し後ろを副蹄…

  5. Hunting

    発見力

    狩猟行為をするにあたって自分が求めているのは捕獲力の向上。目…

  6. Hunting

    ボーナスタイム

    ※この記事には凄惨な写真がアップされていますボーナスタイムの…

Pick up

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Hunting

    猟期目前
  2. Hunting

    解体
  3. Everyday

    春近し
  4. Cafe

    雪の気配
  5. Everyday

    神水域で
PAGE TOP