Everyday

美味しいところ

ここのところで需要があるのでひたすらに捌く。

そしてスライスする。

自分の捕獲した個体が美味しいと喜んでもらえ、そして人の糧となる。

駆除や個体数調整といった形で奪った命をそのまま廃棄するなんて勿体無い。

とは言えその捕獲個体数も中々の量で、家庭内だけで自家消費するのは到底無理。

幸い鹿肉は先輩猟師の解体処理施設で利活用。

自分のところのカフェで使用可能な量は解体したものを持ち帰る。

非常にありがたい関係です。

猪肉に関しては今は豚熱の影響で自家消費のみと言うことだけど、ここら辺は猪が少ないので自家消費で食べ切れる。

というか多分足りない。

鹿肉は今のところ低音調理で下ごしらえしてから何かに利用するパターンが鉄板。

真空パックで低温調理すればそのまま冷凍保存で長期間使えるので便利。

スネ肉なんかはスープの具材として秀逸。

煮込んだ時のホロホロ感もさることながら、出汁としても素晴らしい。

猪肉はなんでもイケるけど、スライスからの鍋か焼肉と定番にしてしまうのはやはり日本人なのか。

荒めの挽肉にしてボロネーゼにしたって絶対美味いし、ハンバーグも勿論ありあり。

あ、近いうちにベーコン作ってみよう。

こいつはレア肉。

わかるあなたはマニアでしかない。

滅多に捕獲できない上に個体差抜群。

その中でも美味しいやつしかウチの冷凍庫にはありませぬ。

この日はひたすら肉を扱った日。

ここのところで何回か獣肉を振る舞う機会があるので準備中。

飲食店やっている以上味にはうるさいです。

プロのシェフのような腕は無いけど絶対美味く調理してみせる。

関係の方々、楽しみにお待ちくださいませ。

春、肉前のページ

本能をくすぐる次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 鹿の蒸留酒
  2. 六ノ里の蔵開き
  3. 7月のNATURAL KEDI
  4. ReBorn
  5. うちの兄妹

関連記事

  1. Everyday

    モノクローム

    たまにブラっと歩いて来てみるこの場所。20代、まさに青春の全…

  2. Cafe

    今とこれから

    秋の空気が漂う中、そろそろ獣も活発になるかと思った最中の大雨。…

  3. Everyday

    ある日の撮影

    こんなご時世だからと新たな試みを企み中。カフェは休業だから空…

  4. Hunting

    狩り深まり

    ※この記事には凄惨な写真がアップされていますスノーモービル。…

  5. Everyday

    六ノ里の赤い橋

    子供を連れて散歩に。木々の中を歩く道。…

  6. Everyday

    成長欲

    変なおじさん。(GoodJobLab)最近ちょいちょいイジっ…

Pick up

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    水と土と人
  2. Hunting

    剛から柔
  3. Everyday

    興味とか好奇心とか
  4. Everyday

    生きる基盤とか
  5. Everyday

    六ノ里棚田にじいろプロジェクト2021
PAGE TOP