Hunting

終猟間近

春の猟。

雪無しの春。

作戦会議をして山入りするも獣の気配が全くしない。

雪が降ると高いところでは餌が食べれず、そのため生活し辛くなって低所に降りてくる獣達。

そこを狙うのが自分たちの地域の狩猟のセオリー。

雪が消えれば獣達は高所へ。

リスクが高い里山周辺…餌さえあるなら、生活できるなら里を離れた高所に移動するのは当然でもある。

命かかってるもんね。

元々雪の降らない地域の獣は冬にどう動いているのだろう。

鹿は群れるのか群れないのか、雪が降らなくても獣の大移動はあるのかなどなど…

他地区の狩猟者と情報交換したい。

岡ちゃん号。

ジムニー、良いね。

車高高くて羨ましい。

この日見た唯一の鹿、の一部。

春は脱角の時期。

これは多分昨年の角。

もう少ししたら今年も角が抜け落ち始めるだろう。

長靴にゲイター。

冬はほぼ毎日履くけど2年が限界かな。

正確には長靴は1年か。

ミツウマの岩礁で1年(無理くり補修して使用)、アウトドアリサーチのゲイターは2年でボロボロ。

消耗品とは分かっているけど…結構出費が厳しいやつ。

暖かい。

が故に奴が動き始める。

今日はダニが結構服に付いていた。

大事をとって殺虫スプレーを全身に浴びたけど、気分が良いものではない。

何にも獲れなかったけどお疲れ様会、反省会。

使った肉は以前川を渡って引き出したイノシシ

最高に美味い。

その時のストーリーをネタにしつつ、次回の出猟の作戦会議。

どうやら現状はこうだ。

だったらこうすれば良い。

大変だけどそれしかない。

そんな言葉を父親くらい歳の離れた先輩達から聞く。

本当に元気。

嬉しくなると共に、こうやって一緒に山に行けるのもあと何年かなぁと寂しくも思う。

1日1日、そして今、貴重すぎる時間を一緒に過ごせることに感謝。

徹底的に技術、生き様を吸収しておく。

今回の猟のもどかしさは次回晴らすべし。

本能をくすぐる前のページ

オンリーワン次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. ReBorn
  3. 10th ANNIVERSARY
  4. 六ノ里の蔵開き
  5. 六ノ里暮体験

関連記事

  1. Hunting

    未来を思う

    山は良い。自然は素直。しばらく人の思惑、感情のディー…

  2. Hunting

    ある日の罠猟

    ちくしょう。イノシシ対策のくくりわな。空弾きしてしま…

  3. Hunting

    良き塩梅を探る

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています過日。生…

  4. Everyday

    ゆらぎ

    冬と言えばの薪ストーブ。この11月は何だか暖かい日が多けど、…

  5. Hunting

    大雨のち

    台風でも大雨でも大きな自然の事象のあとは山の中も変化があるもので……

  6. Hunting

    シンプルに

    バタバタな日常もGWで一旦終わり、連休明けからは捕獲集中モードに移行…

Pick up

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    レンズ欲とか
  2. Hunting

    狩って食べて
  3. Hunting

    守備の観点から
  4. Hunting

    ボーナスタイム
  5. Everyday

    本能をくすぐる
PAGE TOP