Hunting

珍獣系

※この記事には凄惨な写真がアップされています

相変わらずニホンジカを見る機会は激減中だけど、やることは変わらない。

毎朝ひたすら山へ。

この時期は林道の草木も伸び放題な上に、基本人が入らないところばかりに突撃しているから車の草化粧なんて標準装備。

仕事でやっている証拠でもある。

可愛いよね。

アマグマ。

でも田畑を荒らす獣には指定されています。

当地方の年寄りの猟師によってはシグマという方もいるけど、アマグマが正式名称です。

そしてシグマって言う人は、冬に穴の中で冬眠中のツキノワグマを穴熊と言う人もいたり。

ツキノワグマはツキノワグマです。

これ、久しぶりに見た。

イノシシの寝床。

この辺りのイノシシは、大体は地面に自分の体が入る程度穴掘って丸まって寝るんだけど…

これはわざわざ自分で草木を集めて盛っているわけで。

しかもこの中に入って寝てるわけで。

発見初日は猪が飛び出した後にこの寝床を発見。

久しぶりに見たなぁとジロジロ観察して帰宅。

二日目はまさか居ないだろうと訪問すると、もぞもぞして飛んで逃げるイノシシが。

三日目。

忍びで接近。

銃を構えつつ上下動を抑えていつでも撃てる体制。

流石に居ないだろうと思いつつも、近くに寄ればムクムクと動きが。

飛び出す標的を確実に目視のうち発砲。

普通の地面に穴掘る寝屋と違って、こういう頑張って作った寝床は執着があるのだろうか。

変な日が続く。

ほとんどニホンジカしかいないエリアなのに、数が少ない個体しか捕獲できない。

今の時期、ニホンジカの餌がよほど豊富とみた。

動く必要が無ければ動かないもんね。

食糧があって安全ならなおさらか。

もちろん無理して山へ突撃すれば捕獲できない事もない。

ただあまりにも費用対効果が悪い。

一番困るのは体力が尽きる可能性が高く、その他に悪影響を及ぼしそうだと言うこと。

なんだか年々体力が落ちはじめている気がする。

変わりに経験をもとに効率的にはなっている気もする。

馬鹿みたいに何でもかんでも山に突撃することが無くなってきた。

果たしてこれは良いのか悪いのか…

年々変わる気候に植生。

落ちる体力に増す経験値。

狩猟との関わり方も徐々に変化中。

松川家の誕生日前のページ

学び次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. 六ノ里の蔵開き
  3. SMOKED VENISON GIN
  4. 六ノ里暮体験
  5. お知らせ

関連記事

  1. Hunting

    猪鹿庁の夏

    狩猟と里山保全をテーマに活動する猪鹿庁より夏のツアーの提案です。…

  2. Hunting

    守り繋ぐ

    他の生を奪い自分は生きている。と言うか生物は皆そうだ。…

  3. Hunting

    変遷

    暖冬の中の降雪。スノーモービルの活用は最後のチャンスか?…

  4. Hunting

    銃の季節

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。ぼちぼちコール…

  5. Cafe

    ハート

    心臓。ゲームなんかで言うライフポイント(体力的な)の象徴。…

  6. Hunting

    雪道超えて

    狩猟。林道を車で行けなくなったらスノーモービルの出番。…

Pick up

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
パタゴニア

Link




  1. Hunting

    ハンターズ・ブートキャンプ
  2. Everyday

    ピクニック的な
  3. Everyday

    成長と記録
  4. Hunting

    足跡見せれど姿は見せず
  5. Everyday

    高知の朝
PAGE TOP