Hunting

ハンティングスクール長野

長野県主催のハンティング講座。

ハンティングスクール長野

ご縁ありましてサポート参戦。

狩猟は究極のアウトドア。

それをコンセプトに長野は狩猟業界の問題を解決しようとしています。

どこのエリアも獣害だったり、獣の個体数増加の環境バランスの悪化は顕著。

その調整を担える猟師の高齢化と減少は待ったなし。

そう言った状況の中で、どの地域もやる気のある新人の頑張れる環境が整っていないと言う大きな課題もある。

こういった取り組みをもとに現状を打破できるキッカケになれば強く思います。

初日は会場となる地域の伊那市の猟友会長も参戦。

次世代に熱い思いも繋げます。

基礎となる座学講座。

複数回ある講座のうち、この回は罠猟と解体、調理まで。

罠といえど種類は色々。

くくりわなと言われるものも多数あるんです。

現地での罠の設置講習。

獣道、罠の設置方法、コツなど。

こういう講座で伝えれるのは知識のみ。

技術として体現、習得するには本人が如何に多く山に赴き見て感じるか。

その習得スピードが上がれば伝える側としては本望です。

罠のメンテナンス。

買ってばかりでは結構費用もかさみます。

罠を本気で続けるには自分で修理、カスタマイズする知識も必要になってきます。

解体講座。

大バラシからの骨抜き。

こちらはカルガモ。

鹿、猿、カルガモ、カラスのしゃぶしゃぶ。

今回参加者の1名が講座1日目の朝に忍び猟で初の鹿をゲット。

その鹿のタンをアヒージョに仕立てました。

自分で獲った初の大物。

自分で食べるのはもちろん、仲間たちが美味い!と言って食べるその情景。

とても素晴らしい経験になったと思います。

結局ね、自分で獲ったものを皆が美味しいって食べる風景が嬉しいんですよ。

獣害じゃなくて山の恵みなんだよってやつ。

獣肉のステーキも上々な評判。

そう、ちゃんと処理した個体は美味いんですよ。

「獣肉=臭い」は間違っていて、臭い肉を出す猟師の腕が悪いんです。

断言します。

鳥豚牛といった家畜でさえも処理が下手なら不味いです。

こう言った活動が獣害も無く、豊かな水源を保持した里山形成につながると信じて。

前へ突き進みます。

写真は手に届いたばかりのFUJI FILMのX-S10の撮って出し。

まだよく分かっていないものの面白いこと間違いなし。

文章の表現力、絵の表現力、上げていきたいですね。

FUJIFILMがやってきた前のページ

ここらで一服次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. お知らせ
  2. シンプルイズ
  3. 六ノ里の蔵開き
  4. ReBorn
  5. うちの兄妹

関連記事

  1. Hunting

    狩ること

    狩猟とは。最近頭の中がグルングルンする。そもそもは生…

  2. Hunting

    ハンターズ・ブートキャンプ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています猪鹿庁プレゼンツ…

  3. Hunting

    発信器

    罠猟の便利アイテム発信器。自分は2個だけ持っています。…

  4. Hunting

    雪猟の季節

    雪でございます。この程度!と未だノーマルタイヤで爆走…

  5. Hunting

    春、肉

    猟期も終わり、郡上市の場合はそのまま有害駆除の時期へ。細かい…

  6. Hunting

    雪のち晴れ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。ここのところで…

Pick up

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
パタゴニア

Link





  1. Everyday

    謝肉祭なるもの
  2. Hunting

    最近の猟
  3. Everyday

    学びの場、表現の場
  4. Everyday

    ワイルド
  5. Hunting

    追跡者
PAGE TOP