Hunting

大雨のち

台風でも大雨でも大きな自然の事象のあとは山の中も変化があるもので…

土砂崩れや倒木なんかは当たり前。

でもここを超えていかなきゃ仕事にならない。

ため息をつきつつ状況判断。

この程度は自力でどかす。

道は自分で作るべし。

猟師が使う罠にはいくつか種類があるけど、自分がメインで使うのはくくりわなと呼ばれるもの。

地面に隠すように設置して、その上に荷重がかかればワイヤーが飛び出してその荷重物を括る。

でも雨が強く降ればその偽装も剥がれて目に映るように。

という事で、大雨後は全ての罠の再設置となります。

偽装が剥がれた上に土をかけるだけで終わらせそうだけど、そこはもう少し細かくチェック。

土の質次第では、濡れて乾くことで硬くなり、ワイヤーの飛び出す速度に影響を与えるものもあります。

よって一旦剥がす。

更には、踏み込む土台に雨水で土が流れ込んでいないかも確認。

踏み込むところが土で埋まっていたら作動しないもんね。

最後は再偽装。

こんな作業を数十と繰り返す。

好天続きの時は、遠目に罠に獣が捕獲されていないかと流してしまいがち。

だけど、天候の変化があった時は一個一個細かくチャックが必須。

作業時間が長引く、故に疲れる。

獣との戦いはこうした細かい作業の積み重ね。

努力、とも言えるかも。

大変だけど努力すれば結果が出るのも面白いところ。

分かりやすい。

獲りたければ努力しろ。

狩猟はそういう世界。

終宴前のページ

種を蒔くということ次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里暮体験
  2. 六ノ里の蔵開き
  3. お知らせ
  4. ReBorn
  5. SMOKED VENISON GIN

関連記事

  1. Hunting

    東へ下る

    相変わらず捕獲の繁忙期。罠にはかかる…

  2. Hunting

    鹿の発情期

    そろそろ山で鹿が鳴き始めています。秋から冬の入り口辺りまでが…

  3. Cafe

    鹿ローストのサンド

    良い肉が手に入りました。自分で山に行き鹿を捕獲。その…

  4. Hunting

    シューティングと

    久々に射撃場へ。銃を…

  5. Hunting

    発見力

    狩猟行為をするにあたって自分が求めているのは捕獲力の向上。目…

  6. Hunting

    生きる知恵的な

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています猪鹿庁主催のハン…

Pick up

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
パタゴニア

Link




  1. Hunting

    終盤戦
  2. Hunting

    waiting…
  3. Everyday

    CAMP DAYS
  4. Hunting

    バージョンアップ
  5. Everyday

    トウモロコシ
PAGE TOP