Everyday

終宴

善勝寺のお花見期間もぼちぼち終わり。

花見行事を色々と気にすること無くやり遂げるにはどうしたら良いのだろうと悩んだ日々。

そして地域の皆さまと相談した結果、期間延長での花見イベントの実施に。

地域の広場をお花見会場に。

地域の有志での賑やかしの出店。

とても規模の小さい行事でしたが、何もしなかったこの2年間に争うかの思いで開催。

桜やハナモモが綺麗なうちは自然と多くの来場者が訪れてくれましたが、中々敷物を敷いて花見をしてくれる方も数少なく…

準備不足だったなと反省する状況。

そんな最中の最終日、良いものが見れた。

郡上放歌のメンバーを中心とした踊り助平達が魅せる宴。

良き唄、良き踊り。

下駄の音。

ならぬ小石の音。

ここはいつの時代なのかも分からぬ境界線。

まさに雅な宴。

呑んで唄って笑って踊る。

徐々に戻りつつあるかつての風景。

今年の夏こそは…

郡上人ならばその想いは強いはず。

そろそろ前を向いて進む時なんじゃないかな。

行事の最終日、もうフラフラで輪に入る気力さえ無かったのが情けない。

体に鞭を叩きつつ、せめてもと記録に残せたことが幸い。

自身の喧騒な日々は続くけど、どこかでインターバルを入れないとな…

ご来場の皆さま、ありがとうございました!

関係者、協力者の皆さま、本当にありがとうございました!

また来年もよろしくお願いします。

お寺さん前のページ

大雨のち次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. ReBorn
  2. お知らせ
  3. SMOKED VENISON GIN
  4. 六ノ里暮体験
  5. うちの兄妹

関連記事

  1. Everyday

    六ノ里の蔵開き

    郡上藩江戸蔵屋敷、WEB蔵屋敷にて故郷の六ノ里(ろくのり)を扱ってい…

  2. Everyday

    百姓家族

    百の性分。田舎でいう何でも自分でやる人。田畑も耕し、…

  3. Everyday

    六ノ里の春

    六ノ里の格好良い年寄り達。…

  4. Everyday

    オールドレンズ

    マイブーム。旧式のカメラレンズの個性ある描写が面白すぎる。…

  5. Everyday

    最後の晩餐

    余韻それぞれの準備を積み重ねた年月に…

  6. Everyday

    ホタル

    勉強の撮影1回目。とりあえずの結果としては敗退。イメ…

Pick up

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    後半戦
  2. Everyday

    2020夏
  3. Everyday

    自給
  4. Hunting

    自分との向き合い方とか
  5. Everyday

    焼き物
PAGE TOP