Hunting

真っ盛り

秋も深まりコール猟の調子も上がっています。

獣の習性を活かした狩猟法。

完全に殺法。

基本的には三又の三段角のオスに有効な方法なので、その個体が居そうな場所を知っているかどうかという事が肝。

どうしたら分かるのか…それは毎日山へ入ってフィールドサインを見極めましょう!としか言いようがない。

これは先日罠で捕獲した小三段の角のオスの腹周り。

ちょっとだけ黒い。

コール猟のオス。

腹は真っ黒。

成分は何と聞かれれば何とも分からないのですが、松脂のような独特の香りがします。

その香りはしばらく残るので、この時期は大きいオスの鹿が近くに居るのかどうかは非常に分かりやすいです。

こういう真っ黒の個体ほど盛っていて縄張り意識も強く、鹿笛につられて寄ってくる事が多いと感じています。

まだまだ繁殖期入ったばかりなので、綺麗な脂もたっぷり乗っています。

栄養価高そう。

これからメスを探して追いかけて走り回るので徐々に脂の質は悪くなります。

オスは特に。

栄養価が高い鹿を食べたいなら今がベストです。

美味しい季節前のページ

騒音性難聴次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. ReBorn
  3. 鹿の蒸留酒
  4. うちの兄妹
  5. お知らせ

関連記事

  1. Hunting

    鹿の発情期

    そろそろ山で鹿が鳴き始めています。秋から冬の入り口辺りまでが…

  2. Hunting

    捕獲未遂

    錯誤捕獲の脱走済み案件。むしろ未遂で良かったやつら。…

  3. Hunting

    終盤戦

    降雪後はボーナスタイム。のはずも結果から言えば捕獲ならず。…

  4. Hunting

    猟法の切り替わり

    寒い。朝の冷え込みが体に応えます。現在の山行きルーテ…

  5. Hunting

    もう1つの愛用品

    私はナイフを2本愛用しています。1本については以前ブログでア…

  6. Hunting

    対極的

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています続モノクロームな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    祝日
  2. Hunting

    擬音語的な
  3. Everyday

    2年目の発表会
  4. Hunting

    猟期 2020-2021
  5. Everyday

    仕事の流儀
PAGE TOP