Hunting

騒音性難聴

大きな音を聞き続ける環境に居たり、突発的な爆音なんかでも発症する聴覚症状。

高音の耳鳴りなんかも出たりするようで、その音域の音が聞き取り辛くなったりします。

はい、私もその一人です。

猟師を初めて2年目の時に、スラッグ弾を撃った音が反響して耳へ。

その瞬間から大きな耳鳴りがして全然消えず。

いつか消えるだろうと気にもせず毎日山で発砲。

ひと月経っても耳鳴りが全く消えないどころか若干強くなっている気がする…

いい加減に病院へ行ってみれば騒音性難聴と診断。

最初の耳鳴りからすぐに病院へ行っていれば治った可能性もあったそうですが、こうも時間を空けて行ってはもうダメなのだそう。

以後高音域や大きい音に耳が弱くなってしまい、耳を守らなくては発砲なんか出来ない体となってしまいました。

その時から愛用となったのが電子イヤーマフ。

防音なのはもちろん、通常の会話や音はちゃんとマイクが拾って聞こえる仕組み。

一定以上の音をキャッチした場合のみカットしてくれる仕様。

今ではこれ無くして銃猟は出来ません。

未だに耳鳴りは消えませんが、脳とは不思議なもので徐々に慣れてそんなに気にならなくなっています。

自分みたいなケースはそうはないと思いますが、銃猟をする皆さんはもし銃の音で強い耳鳴りなどした場合、1日2日耳鳴りが消えない場合、すぐに病院へ行って治療受けてきてくださいね。

早期治療がポイントです。

あと耳が健全なうちから耳栓やイヤーマフで耳を守るのも大事な事です。

是非ご検討を。

とは言え、そもそも自分の場合はスラッグ弾撃ち過ぎ説もある。

この時も無許可の譲り受けの範囲で足りないくらい撃っちゃったからな…

下手なくせして山には毎日居るもんだから獲物には出会う。

下手な鉄砲数撃ち外す。

腕上げないといけませんね。

あとはボルトアクション欲しいなぁ…

練習するにも銃を追加するにもお金がかかる。

こりゃ大変だ。

真っ盛り前のページ

コーヒーの勉強会次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. 六ノ里の蔵開き
  3. 鹿の蒸留酒
  4. 7月のNATURAL KEDI
  5. ReBorn

関連記事

  1. Everyday

    冬のルーティン

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています前々から見る近所…

  2. Hunting

    鹿の角

    鹿の角はオスにしか生えないって事は前から言っているけど、形や大きさは…

  3. Hunting

    技術と猟法

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。銃のメンテナン…

  4. Hunting

    狩猟者的日常

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています罠にてキツネ。…

  5. Everyday

    謝肉祭なるもの

    まずは、猪鹿庁の罠オーナー制度に参加の皆様、本当にありがとうございま…

  6. Hunting

    守り繋ぐ

    他の生を奪い自分は生きている。と言うか生物は皆そうだ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Hunting

    深まる
  2. Everyday

    アウトプット
  3. Hunting

    真っ盛り
  4. Cafe

    庭づくり
  5. Hunting

    もがいて伸びる
PAGE TOP