Hunting

騒音性難聴

大きな音を聞き続ける環境に居たり、突発的な爆音なんかでも発症する聴覚症状。

高音の耳鳴りなんかも出たりするようで、その音域の音が聞き取り辛くなったりします。

はい、私もその一人です。

猟師を初めて2年目の時に、スラッグ弾を撃った音が反響して耳へ。

その瞬間から大きな耳鳴りがして全然消えず。

いつか消えるだろうと気にもせず毎日山で発砲。

ひと月経っても耳鳴りが全く消えないどころか若干強くなっている気がする…

いい加減に病院へ行ってみれば騒音性難聴と診断。

最初の耳鳴りからすぐに病院へ行っていれば治った可能性もあったそうですが、こうも時間を空けて行ってはもうダメなのだそう。

以後高音域や大きい音に耳が弱くなってしまい、耳を守らなくては発砲なんか出来ない体となってしまいました。

その時から愛用となったのが電子イヤーマフ。

防音なのはもちろん、通常の会話や音はちゃんとマイクが拾って聞こえる仕組み。

一定以上の音をキャッチした場合のみカットしてくれる仕様。

今ではこれ無くして銃猟は出来ません。

未だに耳鳴りは消えませんが、脳とは不思議なもので徐々に慣れてそんなに気にならなくなっています。

自分みたいなケースはそうはないと思いますが、銃猟をする皆さんはもし銃の音で強い耳鳴りなどした場合、1日2日耳鳴りが消えない場合、すぐに病院へ行って治療受けてきてくださいね。

早期治療がポイントです。

あと耳が健全なうちから耳栓やイヤーマフで耳を守るのも大事な事です。

是非ご検討を。

とは言え、そもそも自分の場合はスラッグ弾撃ち過ぎ説もある。

この時も無許可の譲り受けの範囲で足りないくらい撃っちゃったからな…

下手なくせして山には毎日居るもんだから獲物には出会う。

下手な鉄砲数撃ち外す。

腕上げないといけませんね。

あとはボルトアクション欲しいなぁ…

練習するにも銃を追加するにもお金がかかる。

こりゃ大変だ。

真っ盛り前のページ

コーヒーの勉強会次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. ReBorn
  2. 六ノ里の蔵開き
  3. 公開トレーニング
  4. 7月のNATURAL KEDI
  5. シンプルイズ

関連記事

  1. Hunting

    秋深まり

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。今年はドングリ…

  2. Hunting

    雪猟

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。雪が降れば忍ぶ…

  3. Hunting

    大雨のち

    台風来たり大雨が降ると山道が荒れる。だからその後に山へ行く時…

  4. Everyday

    共生

    圃場で野菜達と触れていると色々な生き物を見る。アブラ…

  5. Hunting

    雪のち晴れ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。ここのところで…

  6. Hunting

    緑もりもり

    冬に葉が落ちハゲた山も、5月に入り緑で溢れました。なんと言う…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    2021夏
  2. Hunting

    猟期
  3. Everyday

    直売所
  4. Everyday

    雨上がり
  5. Cafe

    ReBorn
PAGE TOP