Hunting

夏鹿の極み

※この記事には凄惨な写真がアップされています

夏本番。

秋の発情期前のオス鹿。

体力つけるために一番脂を蓄えている時期。

角ももうすぐ袋が破れて硬いやつが出てくる頃。

このサイズとなると長年生きていることもあり賢い。

更には未形成の角を大事にしているからあまり動き回らない。

つまり中々遭遇出来ず、捕獲も出来ない個体。

動かない、出回らないなら、こちらから出向けば良い。

久々の単独忍び猟での捕獲。

罠じゃないから全身へのダメージも無い。

心身ともにストレスも少ない。

弾痕も胸部貫通なので肉へのダメージや内臓破壊での汚染も少ない。

そして発情期前ということで余計な発情臭も無し。

よって夏の脂が乗った鹿としては最強肉質である。

サイズもデカい。

普通のやつなら3頭くらい入る桶に頭、四肢を落としてギリギリ入るくらい。

我ながらよく山から引きずりだしたなと思う。

重さは測ってはないけど、自分の感覚では100キロ弱かな?

この脂よ。

ブリブリとはこの事かと。

料理人の皆さん、早い者勝ちですよ。

こんなやつ年1くらいしか獲れないよ。

ちなみに、捕獲当日に県外のシェフが速攻飛んで仕入れに来たそうな。

流石に全部買い付けじゃないだろうけど…まだ余りあるのかな?

興味あるなら急ぎでITAYAに確認を。

もう一度同レベルの個体が獲れる保証は全くありませんよ。

六ノ里カラー前のページ

クラウドハンター次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里暮体験
  2. お知らせ
  3. SMOKED VENISON GIN
  4. 六ノ里の蔵開き
  5. ReBorn

関連記事

  1. Hunting

    ある意味の生きる術

    お盆の連休を活かした猪鹿庁主催の狩猟スタートダッシュ講座。自…

  2. Hunting

    狩ること

    狩猟とは。最近頭の中がグルングルンする。そもそもは生…

  3. Hunting

    擬音語的な

    ドンドン、デンデンとか。こういう獣の足跡がつき過ぎて真っ黒に…

  4. Everyday

    クレイジーな奴ら

    非日常を求めるおじさん達。非日常な昼間を過ごした後の夜も当然…

  5. Hunting

    久々忍ぶ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています世間的に大雪と呼…

  6. Hunting

    適者生存

    春の山。雪もどんどん消える。今年はすでに罠が使えそう…

Pick up

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
パタゴニア

Link




  1. Hunting

    狩猟スタートダッシュ講座
  2. Hunting

    雪のち晴れ
  3. Everyday

    学びの場、表現の場
  4. Everyday

    最後の晩餐
  5. Everyday

    スパイス系
PAGE TOP