Hunting

目線

※この記事には凄惨な写真がアップされています。

本日のお疲れ様の一杯。

激ウマのイノシシのモツ鍋。

上手な処理方法を知っている猟師、かつ獲れる猟師しか食べれないやつ。

処理方法を覚えたくてここのところ作業をガン見。

次獲れたらまずはトライしてみようと思います。

この日は岐阜県立森林文化アカデミーの講義の一環で狩猟の世界に触れる日。

森林文化となれば近年のニホンジカの急増による環境への影響は切っても切り離せない内容。

学生さん達が勢子(獣の追い出し役)となり声を出し音を鳴らし山を歩く。

待ち受けるは地元の猟師達。

大体捕獲出来ても数頭なんですけどね…今年は異常な数が詰まっていたようで。

そこら中から鳴り止まぬ銃声。

なんなら弾切れとの無線。

雪の影響もあるのだろうけど、これって冷静に考えたらそれだけ数が増えてるって事なんじゃないかなって思う。

人間目線では何が正しいのかは分からない。

だけど里の獣害のみならず、自然環境のバランスの崩壊をも起こしている状況は何とか打開したい。

それぞれがそれぞれの立場でバランスを考える時期がきています。

自分には自分の出来ることを追求するのみ。

エンカウント前のページ

備忘録次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 7月のNATURAL KEDI
  2. 公開トレーニング
  3. 鹿ローストのサンド
  4. シンプルイズ
  5. 六ノ里の蔵開き

関連記事

  1. Hunting

    擬音語的な

    ドンドン、デンデンとか。こういう獣の足跡がつき過ぎて真っ黒に…

  2. Hunting

    罠オーナー制度終盤

    猪鹿庁プレゼンツの罠オーナー制度。現在終盤に入っています。…

  3. Hunting

    コール猟

    暑い夏も徐々に過ぎて涼しくなり始めました。去年はドングリ等獣…

  4. Hunting

    カンジキ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。前回の反省を踏…

  5. Hunting

    VS猿群

    久々のそれなりの雪。気が付けば薪ストーブ用の薪もあとわずか。…

  6. Everyday

    山行きの合間

    近くの道の駅「白尾ふれあいパーク」で催し物。お世話になってい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Hunting

    ギアトーク
  2. Hunting

    次の依頼
  3. Cafe

    試行錯誤の末
  4. Cafe

    地産地消
  5. Hunting

    ラッセルハント
PAGE TOP