Hunting

エンカウント

RPG用語(ロールプレイングゲーム用語)

エンカウントは、主にコンピュータRPGにおいて移動画面(フィールド画面)上で敵キャラクターと遭遇し、移動画面から戦闘画面(バトル画面)に遷移することを指すコンピュータゲーム用語。

「遭遇する」「遭遇」という意味の英単語 “encounter” に由来する和製英語[注 1]であり、本来の英単語からエンカウンターとも称される。

Wikipedia

狩猟に関して、特に銃猟に関してはこのエンカウント率を如何に高めるかが肝となります。

だって出会えなければ何も始まらない。

銃の腕も勿論だけど、まずはチャンスを作ること。

それからそのチャンスをどう活かすかって話。

よく新人さんで銃の免許取って銃の所持許可取ってそれで捕獲した気でいる人いたりしますが、まずはその捕獲するチャンスが作れません。

グループ猟で「撃たせてもらう」って機会はたまにはあるかもしれないけど「自分一人で見つけて撃つ」となると次元は違う。

簡単には出会えないし、撃てる可能性のある遭遇は稀。

どうやって遭遇率を上げるのか。

更にはどうやって遭遇した獣を捕獲するのか。

何年もかかって形が見えてくる。

そんな世界。

もちろん地域特性(獣の絶対量)は大きく左右するかとは思いますが。

獣と会いやすい=十中八九地域の住民は獣害に困っている。

獣と会いにくい=猟師としての楽しみを作りにくい。

猟師としては葛藤ですよね。

でもまずは住みやすい里山を維持する。

自分の芯としてはそこから。

あとは個人のスキルを高めること。

エンカウント率の上昇は完全に自分次第。

狩猟者としてはどんどん高めたい。

フィールドサインで周囲の獣の動向を見極め、静かに動くことで獣に近寄り、獣より先に気付く。

極める。

まだまだこれから。

ウマイヤツ前のページ

目線次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. 公開トレーニング
  3. 鹿ローストのサンド
  4. うちの兄妹
  5. ReBorn

関連記事

  1. Hunting

    大雨のち

    台風来たり大雨が降ると山道が荒れる。だからその後に山へ行く時…

  2. Hunting

    コール猟

    暑い夏も徐々に過ぎて涼しくなり始めました。去年はドングリ等獣…

  3. Hunting

    猟期

    基本的な猟期は11月15日から2月15日の3ヶ月間。あとは都…

  4. Cafe

    続・未来への種まき的な

    昨日は高鷲中学校にて生徒に話をする機会をいただきました。色々…

  5. Everyday

    郡上藩江戸蔵屋敷展 2020-2021

    本日より郡上市八幡町の町屋敷「越前屋」にて始まります。今年度…

  6. Hunting

    振り返りと決意

    ここらの地域ではオス鹿の発情期が過ぎたかなと言ったところ。夏…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Cafe

    COFFEE LOVERS
  2. Everyday

    夏い
  3. Hunting

    ある日の罠猟
  4. Everyday

    新年
  5. Everyday

    休息時間
PAGE TOP