Hunting

エピローグ

※この記事には凄惨な写真がアップされています

食害。

餌が少ないから?

なぜかじるのかよく分からないが、こうやって山の環境も崩れていくことを知らない人も多いのでは。

さて、猟期もあと10日程度。

やるぞーって感覚ではなく、シーズンを振り返りながらの山行き。

安全第一。

無事故無違反。

そんな意識もより強く。

エリアによっては雪も随分少なくなってきていて、日当たりの良い場所はもう何も無い。

対して日陰になりやすい斜面には少し残っている。

朝晩の冷え込みでガチガチに固まってしまうので獣の餌場としては不向き。

硬くて掘れない。

だから日当たりの良い広葉樹の斜面に獣はいたりする。

広葉樹の斜面は落ち葉もいっぱいで、歩けばバリバリ音が出るわけで。

当たり前に人が歩けばうるさくなるので獣は逃げちゃう。

でも獣も歩けば音が出るので探知はしやすい。

そう言う場所では、のんびり日向ぼっこでもしながら座ってじっとしているのも吉。

聞き耳立てながら。

約15m。

ガサガサいいながらでっかいニホンジカが真っ直ぐ寄ってきた。

ニホンジカは色盲だとかよく聞くけど、じっとしていると本当に気付かれない時あるよね。

横目で見つつ、限界まで寄せて撃つ。

我ながら随分と冷静になったものだ。

笑えるくらいの獣道。

日当たり悪い谷とかはまだ雪も多いわけで、だから獣が通るところも限られる。

こう言うところで待っていればすぐ撃てそう。

最近はなんだか哀愁漂う山行き。

郡上市は猟期が終わればすぐに有害駆除へ移行。

別に狩猟行為は続くんだけどね。

なんか猟期って違うよね。

HBD前のページ

無題次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. ReBorn
  3. うちの兄妹
  4. 鹿の蒸留酒
  5. シンプルイズ

関連記事

  1. Hunting

    スランプ

    ピンチである。6日間連続で獣の捕獲ならず。2年ぶりく…

  2. Hunting

    土俵と告知

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。久しぶりの猪。…

  3. Hunting

    もう1つの愛用品

    私はナイフを2本愛用しています。1本については以前ブログでア…

  4. Hunting

    歩くことと考えること

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています山歩きと思考。…

  5. Hunting

    ボーナスタイム

    ※この記事には凄惨な写真がアップされていますボーナスタイムの…

  6. Hunting

    追い込みの初日

    ※この記事には凄惨な写真がアップされていますリハビリ1日目。…

Pick up

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Cafe

    ハート
  2. Hunting

    使用制限
  3. Everyday

    百花繚乱
  4. Everyday

    バトンの渡し方
  5. Everyday

    愚直一直線
PAGE TOP