Hunting

変化と変遷

足跡。

雪も少なくなり、こうやってハッキリ見れるのももうじき終わりか。

岐阜県の猟期は3月15日まで。

基本的にはそれが終われば来年の冬まで狩猟はお預け。

ただ獣害が多いような場所は各自治体の判断で特別な許可が出て、その内容に沿った有害駆除行為が出来たりもする。

ここ郡上市の場合もその許可が出ているので、実質通年して狩猟行為が出来るわけで。

雪の足跡からこの辺りにニホンジカがいるはずと思い山を歩いたが出会ったのはタヌキのみ。

非常にややこしい話だけど、今は猟期中であるけど狩猟として捕獲できる個体はニホンジカとイノシシのみ。

タヌキも狩猟鳥獣ではあるが、彼らは2月15日までの期間で終わり。

ニホンジカやイノシシは生息数の急増と獣害の観点から猟期を延長して捕獲の許可が出ている状態。(岐阜県の場合)

更にはその猟期中の「狩猟」以外にも各自治体の「有害駆除」や「個体数調整」、公共事業的な「認定事業」なんてものがごちゃごちゃなっている。

聞いてる方は意味不明だろうけど、猟師でさえ意味不明になりそうになる今日この頃。

冬の猟期に楽しみで猟師をやる、そんな状況では一括りに出来ない世界になってきているのが現状。

多様化といえば多様化だけど、実質は複雑化と言った方が良いくらい細かい。

それぞれに細かい法律や条例が関わっているので、多様に関わる狩猟者は頭も使う。

猟師の高齢化に伴い、これから猟師の数は大きく減少すると思われる。

とは言え、狩猟に興味を持ち業界に入る若手もぽつりぽつりとは出ている。

色々な意味でこの辺りが大きく変わる時になるのかなと。

郡上藩江戸蔵屋敷展 2020-2021前のページ

興味とか好奇心とか次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. ReBorn
  2. 鹿の蒸留酒
  3. 7月のNATURAL KEDI
  4. シンプルイズ
  5. うちの兄妹

関連記事

  1. Everyday

    謝肉祭なるもの

    まずは、猪鹿庁の罠オーナー制度に参加の皆様、本当にありがとうございま…

  2. Hunting

    狩り深まり

    ※この記事には凄惨な写真がアップされていますスノーモービル。…

  3. Everyday

    GoPro

    購入。貧乏人は前世代のやつで。主には狩猟シーンの記録…

  4. Hunting

    対極的

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています続モノクロームな…

  5. Hunting

    捕獲未遂

    錯誤捕獲の脱走済み案件。むしろ未遂で良かったやつら。…

  6. Hunting

    剛から柔

    晴れだろうが雨だろうが山に入り歩く。毎日。そんな生活…

Pick up

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    寒波2回目
  2. Everyday

    ピクニック的な
  3. Everyday

    里山とCOVID-19
  4. Hunting

    シューティングゲーム
  5. Everyday

    小さな運動会
PAGE TOP