Everyday

餅つき2020

正月には早いけど馬鹿な大人達と愉快な子供達と餅つき。

自分自身石臼で餅つきをやった記憶はほぼ無し。

多分保育園とかそういう頃に行事としてやったようなやっていないような。

詳しい友人も招致して実施の予定でしたが、餅米が早く蒸せてしまったのでとりあえずスタート。

餅米を潰す?いつ叩くの?水は?

まぁ何はともあれやってみようぜとやってみる。

美味しい餅食べるってのも大事だけど、一番大事なのはこういう体験を通して子供達がこの地域での楽しかった記憶を残すこと。

恐々叩く子、何度も叩く子、皆個性豊かで面白い。

後ほど到着のこの日の餅つき先生。

教えを乞うてみれば熱いうちのスピーディな作業、適度な水の配分等ポイントが色々出てくる。

餅つきも奥が深いね。

その後は室内で鍋を囲んで宴。

大人も子供もワイワイ出来る環境はいつまでもベースとして残していきたいですね。

自分自身この六ノ里へのUターン組。

この地域で腰据えると覚悟を決めたきっかけは、子供の頃の六ノ里の楽しい記憶が決め手。

楽しい事は自然と人が集まるし、自然と継続もする。

大事なのはそういうところよね。

天日干し中の餅米の香りが純和風な感じで中々よろし。

六ノ里は良いところ。

一度はおいでよ。

バッドアドバイザー前のページ

シンプルイズ次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. ReBorn
  2. シンプルイズ
  3. 7月のNATURAL KEDI
  4. うちの兄妹
  5. 六ノ里の蔵開き

関連記事

  1. Everyday

    バッドアドバイザー

    郡上市市民協働センターが企画する「Good郡上プロジェクト」…

  2. Everyday

    表現すること

    思いを伝えるのは映像だったり、言葉だったり。簡単な事象であれ…

  3. Everyday

    オールドレンズ

    マイブーム。旧式のカメラレンズの個性ある描写が面白すぎる。…

  4. Everyday

    実家にて

    ファミリー中華な感じをテイクアウトにて。大人は食べて飲んでま…

  5. Everyday

    六ノ里の米が主役ってやつ

    六ノ里の喫茶暖さんで始まる「かまどご飯ランチ」色々なタイミン…

  6. Everyday

    食の里

    六ノ里での美味しい食三昧。ダンスを極めた男はカレーを極めんと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Hunting

    真っ盛り
  2. Everyday

    成長欲
  3. Everyday

    白尾山登山道
  4. Everyday

    やりたい事だらけ
  5. Hunting

    渡るところ
PAGE TOP