Hunting

適応力

道端にふと目が行く。

毎日山の中にいると、ふとした変化もすぐに違和感となって感じる。

ススキが切れて落ちている。

たまに見る光景だけど、何かの獣が何かしたんだろうという軽い解釈でしかなかった。

今回は何故か気になってちゃんと分析、確認。

足跡は鹿。

ススキの葉ではなく、元の茎をかじった跡がある。

そっか、鹿だったか。

何でもない事だけど、また1つ鹿の生態に詳しくなった。

しかし今回の場合、この鹿の痕跡があるこの場所が重要で…

かつて、ここを獣が通る時は、この先の罠に100%獣が捕獲されていた。

と言うことで捕獲。

今回も100%継続。

ここの場所は獣の通り道のボトルネックとなるところ。

山の形状もそうだけど、周囲に人間が干渉した結果、ここしか通れなくなってしまった場所。

ちょっと歩いて登らないといけないけど、その価値は十二分にある。

問題は搬出のみ。

小さい個体なら良いけど、100キロ級を捕獲すると相当難儀。

引き下ろすだけでも相当工夫が必要に。

今回は1歳程度の個体だったので楽に搬出。

奪った命、ちゃんとお肉にしていただきます。

今年の獣は例年と少し動向が違う。

もっと罠に掛かっても良いはずなのに、なんか弱い。

変わりに銃での捕獲を頑張って、なんとかなんとか頭数を稼ぐ状況。

とは言え獣が減った感覚は無く、他のエリアでは調子良いところもあるみたい。

多分植生がなんか違うのだと思う。

毎年山を歩いていると、その年によって植物の元気の良さが色々と違う事に気付く。

今年も何かが違うのだろう。

対自然であり対生物である狩猟。

変化に気付き、常に柔軟に適応する能力を磨かないと。

毎年、毎日、学びが多い。

成長のキッカケ前のページ

野郎の会次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里暮体験
  2. 六ノ里の蔵開き
  3. お知らせ
  4. 10th ANNIVERSARY
  5. ReBorn

関連記事

  1. Everyday

    冬のルーティン

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています前々から見る近所…

  2. Hunting

    自分との向き合い方とか

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています懐かしい場所。…

  3. Everyday

    同伴

    雪が降り始めました。クリスマス以降は寒波も続きそう。…

  4. Hunting

    山歩くこと

    一言で猟師と言っても実際は色々あって。まず狩猟行為を行うには…

  5. Hunting

    山、リセット

    台風。その後。まぁ山は荒れま…

  6. Hunting

    生き方講座

    猪鹿庁の講座。珍しく少人数。面白いことに境遇が似た受…

Pick up

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    手仕事の極み
  2. Cafe

    テーブルとイス
  3. Hunting

    もがいて伸びる
  4. Hunting

    闇も書き捨て
  5. Hunting

    探し物
PAGE TOP