Hunting

人とか生き物とか

大雨後の山。

たまにある大雨程度だと思っていたけど、山に入れば水はダダ漏れ状態。

山の貯水キャパが低かったのかな?結構ひどい状態。

普段見れない滝もそこら中に発生。

なんでか分からないけど過去一の吹き出し量かも。

当然の如く罠も剥き出し。

ここまで水がひどいと直しようもない。

また修復作業は明日かな。

悪天候も過ぎれば獣も歩かない。

だから罠にもかからない。

って思っていたら罠にかかっていた。

まぁ確かに確率は0では無いからね。

今年1歳になる若いオス。

幼少期ならではの警戒心の無さが仇となったかも。

ふと冷静になって考えればこの環境、生活が当たり前って危険なのかな?

自然が安定している状況なんて割と少なく。

雨風雪に暑い寒いの気温まで。

時には落雷も。

人間界では安全が第一で守られた生きかた。

だけど自然界にそれはない。

あるのは自然のルールのみ。

危険はあって当然で、その中で生きる日常。

生きてる実感がそこにある。

もう戻れない領域に入ってしまったのかも。

守られた日常では生き物としての成長も限界がある。

自然へ帰ろう。

人としてとかじゃなく、生き物として最高な生き方を。

常に生死の境界で過ぎる日々。

頭が狂ってきたのか、はたまた失われた感覚が戻ってきているのか。

謝肉祭前のページ

生命の転換次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. 10th ANNIVERSARY
  3. うちの兄妹
  4. 六ノ里暮体験
  5. ReBorn

関連記事

  1. Cafe

    続・未来への種まき的な

    昨日は高鷲中学校にて生徒に話をする機会をいただきました。色々…

  2. Hunting

    落葉

    紅葉過ぎれば一気に落ち葉の山。ここの…

  3. Hunting

    依頼

    田畑が荒らされる!っていうヘルプコール。最近ポツポツと個人的…

  4. Hunting

    雪で狩る

    「雪があるところが獣の痕跡分かりやすいよね」ってことで雪があるところ…

  5. Hunting

    生き甲斐とか

    捕獲の繁忙期も一旦落ち着き。…

  6. Hunting

    エピローグ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています食害。餌…

Pick up

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    いつもの
  2. Everyday

    山行きの合間
  3. Everyday

    雪で遊んだ日
  4. Hunting

    一区切り
  5. Hunting

    鹿の発情期
PAGE TOP