Hunting

シューティングと

久々に射撃場へ。

銃を持つイコールで狩猟と結びつける人がほとんだと思うけど、実はそうでもない。

じゃあ何?と思うかもしれないけど、クレー射撃というスポーツがあるのは分かるかと。

簡単に言えば皿打ち。

飛んでいく円盤状の皿を何枚割るかのシンプルな競技。

殺生は苦手でも、スポーツとしてやりたい人もいるのは事実。

バシッと決まって皿が割れた瞬間の気持ち良さは中々のもの。

興味がある人は是非挑戦してみてはどうだろうか。

そしてこの日の最大の目的がこちら。

新たな銃への光学機器の移し替えとゼロイン調整。

今まで使用していた銃がどんどん壊れて使用すら危うい危機。

修理をしたくても昨今の情勢のおかげで部品諸々の輸入がストップ。

このままでは次の猟期に銃が治らないかもしれない…

という事で次の銃へ移行。

今まで使用した自動銃は3連発撃てるというポテンシャルはあるものの、日々のメンテナンスがしんどい。

次の銃は上下二連式の銃。

ミロクのMS2000D。

2発しか連発出来ないが構造上メンテナンスは超楽。

そして軽い。

毎日銃を担いで山を歩く身としてはその部分は大きい。

最近は銃にも慣れたおかげで3発撃つ必要もほぼ無し。

基本は一撃必殺。

銃の軽さゆえの構えた時の不安定感も否めないが、それも徐々に慣れるのかなとは思う。

早く自分の体に馴染ませて、当たり前のように扱えるようになりたいな。

今度は何年持つだろう…

我が身を持って、銃の耐久度チェックしたいと思います。

成長のお披露目前のページ

ラフ農次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. SMOKED VENISON GIN
  2. 六ノ里の蔵開き
  3. うちの兄妹
  4. 六ノ里暮体験
  5. お知らせ

関連記事

  1. Hunting

    境界線

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。夜明けの山中。…

  2. Everyday

    トレダカ

    山が好き。特に雪山が。流行病も終わればすぐに…

  3. Everyday

    最近のあれこれ

    秋から冬へ。6年目の猟期に突入。緑で茂っていた山もハ…

  4. Hunting

    バージョンアップ

    くくりわな「KS-12」岐阜県関市の株式会社旭興機さんにて作…

  5. Hunting

    季節と地域

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。有害鳥獣駆除の…

  6. Hunting

    終猟目前

    荒野の七人、にはほど遠く。里山の新人三人。ここのとこ…

Pick up

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
パタゴニア

Link




  1. Hunting

    境界線
  2. Cafe

    営業再開
  3. Everyday

    食の里
  4. Hunting

    最近の猟
  5. Everyday

    六ノ里の米が主役ってやつ
PAGE TOP