Hunting

猟法の切り替わり

寒い。

朝の冷え込みが体に応えます。

現在の山行きルーティンは日が昇ったら自身の罠の見回りと豚熱に関するイノシシの調査捕獲の見回り。

その後は先輩猟師達とグループ猟といった毎日。

だけどそろそろ罠は撤収の時期か。

自分はくくりわなというシンプルにワイヤーとバネで獣の足を括る罠を使用しています。

地面に埋めて設置するので雪が積もれば使えないのはもちろんなのですが、雪が降らなくても朝晩の冷え込みで罠が凍結して作動しなくても当然使えない。

だから霜が降りるようになったらぼちぼち撤収のサイン。

作動して捕獲出来ることもあるんだけど、作動しない確率と見回りの手間を考えたらそろそろ引き上げ時かなと。

もちろん凍結や積雪とは無縁の地域はくくりわなは全然使えます。

そこは個々の判断です。

さて、ここからは自分は銃猟メインとなります。

個人的には捕獲数を思うのであれば罠猟の方がやりやすいと思います。

だからこそ銃猟で獲れた時の喜びは素晴らしいものがあります。

自分の場合1年目の罠、銃での捕獲比率は大体9:1でした。

それが3年目はほぼ1:1に。

罠の捕獲数の伸びは1割増しに対して、銃の捕獲数は10割増し。

随分銃猟が伸びたものだ。

今年はどんな冬になるのだろう。

先輩や仲間達と楽しく事故無く終えれたと願うばかり。

ここからのルーティンは朝一単独忍び猟からのグループ猟の季節です。

頑張ります。

雪の気配前のページ

狩ること次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. お知らせ
  3. 六ノ里の蔵開き
  4. うちの兄妹
  5. ReBorn

関連記事

  1. Everyday

    謝肉祭なるもの

    まずは、猪鹿庁の罠オーナー制度に参加の皆様、本当にありがとうございま…

  2. Hunting

    念願

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。ここのところで…

  3. Hunting

    もがいて伸びる

    猟期も後半戦。最初はまとめて雪が降ったものの、その後はほぼ降…

  4. Hunting

    くくるところ

    鹿や猪は片足に蹄が4本あります。メインを主蹄、少し後ろを副蹄…

  5. Hunting

    猟期 2020-2021

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。今日入れてあと…

  6. Hunting

    カンジキ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。前回の反省を踏…

Pick up

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    GOW2021 DAY2
  2. Everyday

    水と土と人
  3. Hunting

    銃の季節
  4. Hunting

    罠ガール
  5. Everyday

    夏に至る日
PAGE TOP