Hunting

猟法の切り替わり

寒い。

朝の冷え込みが体に応えます。

現在の山行きルーティンは日が昇ったら自身の罠の見回りと豚熱に関するイノシシの調査捕獲の見回り。

その後は先輩猟師達とグループ猟といった毎日。

だけどそろそろ罠は撤収の時期か。

自分はくくりわなというシンプルにワイヤーとバネで獣の足を括る罠を使用しています。

地面に埋めて設置するので雪が積もれば使えないのはもちろんなのですが、雪が降らなくても朝晩の冷え込みで罠が凍結して作動しなくても当然使えない。

だから霜が降りるようになったらぼちぼち撤収のサイン。

作動して捕獲出来ることもあるんだけど、作動しない確率と見回りの手間を考えたらそろそろ引き上げ時かなと。

もちろん凍結や積雪とは無縁の地域はくくりわなは全然使えます。

そこは個々の判断です。

さて、ここからは自分は銃猟メインとなります。

個人的には捕獲数を思うのであれば罠猟の方がやりやすいと思います。

だからこそ銃猟で獲れた時の喜びは素晴らしいものがあります。

自分の場合1年目の罠、銃での捕獲比率は大体9:1でした。

それが3年目はほぼ1:1に。

罠の捕獲数の伸びは1割増しに対して、銃の捕獲数は10割増し。

随分銃猟が伸びたものだ。

今年はどんな冬になるのだろう。

先輩や仲間達と楽しく事故無く終えれたと願うばかり。

ここからのルーティンは朝一単独忍び猟からのグループ猟の季節です。

頑張ります。

雪の気配前のページ

狩ること次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. うちの兄妹
  2. 六ノ里の蔵開き
  3. お知らせ
  4. シンプルイズ
  5. SMOKED VENISON GIN

関連記事

  1. Hunting

    出張の解体講座

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています普段の参加者募集…

  2. Hunting

    お久しぶりの

    見回り中の林道で久方ぶりのヤツ。の頭蓋骨。豚コレラの…

  3. Hunting

    雪よ積もれ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。苦手な方はこれ…

  4. Hunting

    久々忍ぶ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています世間的に大雪と呼…

  5. Cafe

    今とこれから

    秋の空気が漂う中、そろそろ獣も活発になるかと思った最中の大雨。…

  6. Hunting

    恥は書き捨て

    射撃練習。今年はコロナの影響もあり地元の店舗で気軽に弾が買い…

Pick up

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
パタゴニア

Link





  1. Hunting

    鹿の個体数
  2. Hunting

    ハンティングスクール長野
  3. Cafe

    NATURAL KEDI
  4. Hunting

    雪中の狩猟
  5. Everyday

    休み最後と子供とコロナ
PAGE TOP